2013/11/22時点の運用状況

はじめに(←最初のご挨拶)

 

アセットクラス
配分
防衛ライン
評価額
充足率
方針
01_国内株式
20%
340万円
384万円
113%
このまま
02_海外株式_先
15%
255万円
338万円
133%
このまま
03_海外株式_新
15%
255万円
293万円
115%
このまま
04_国内不動産
15%
255万円
321万円
126%
このまま
05_海外不動産
15%
255万円
276万円
108%
このまま
06_国内債券
5%
85万円
85万円
100%
年内はこのまま
07_外貨外債
5%
85万円
89万円
105%
このまま
08_オルタナティブ
10%
170万円
177万円
104%
このまま
合計

1,700万円
1,962万円
115%
このまま






99_待機資金
20%
340万円
268万円
79%
積み増し継続






01_国内株式


・1565_日経カバードコール上場投信
295口




02_海外株式(先進国)


・1550_MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)
2,090口




03_海外株式(新興国)


・1582_iシェアーズ エマージング株ETF
290口

・1583_iシェアーズ フロンティア株ETF
10口

・1559_NEXT FUNDSタイ株SET50
265口

・1560_NEXT FUNDSマレ株KLCI
125口




04_国内不動産


・1345_上場Jリート(東証REIT指数)
2,200口




05_海外不動産


・1555_上場Aリート(S&P/ASX200 A-REIT)
2,160口




06_国内債券


・個人向け国債(10年)





07_海外債券





・1677_上場海外債券(Citigroup WGBI)毎月分配型
10口

・1566_上場新興国債券(バークレイズLocal EM国債)
6口




08_オルタナティブ


・1699_NEXT FUNDS NOMURA原油
470口

・金積立(コイン含む)
146.17g
(+1.16g)
・プラチナ積立(コイン含む)
146.54g
(+1.05g)






90_簿外管理


・8703_カブドットコム証券
200株
・eMAXIS バランス(8資産均等型)
50,991口
 ・・・宝くじ積立








99_待機資金


・野村MRF
 2,213,040円
 (+100,068円)
・カブコム預かり金
 465,206円
 (+1,232円)





出金:

【野村】

なし



【カブコム】

なし
 


【その他】

10,000円
 金/プラチナ積立(別口座より引落、手数料含まず)




入金:

【野村】

90,000円
 月次拠出金
10,000円
 追加拠出金
68円
 野村MRF収入

 


【カブコム】

1,232円
 1677_上場外債分配金(源泉徴収後)※毎月、年12回分配


【その他】

10,000円
 金/プラチナ積立(別口座より引落、手数料含まず)

 

 
☆前回からの口数変動は;貴金属積立だけです。特に売買はしませんでした。

足元では米国の金融緩和が継続見込みということで、円安・株高に振れてきていますね。しかしながらその割には金やプラチナが値下がりしていることが不思議な感じがします。

アセットクラスごとに強弱はありますが、投資総額は前月からほとんど変化していません。



NISAがなければリバランスしたり追加投資したりしたいところなのですが、年明けまではおあずけです。そのためあまりやる気が起きませんでした。


以下は私の運用に関する書き物へのリンクです。備忘用。

・アセットアロケーション:アセットクラス兵科説【6】
・ポートフォリオ:なぜ国内ETFなのか
・売買方針:長期投資のしくみ(防衛軍法)
・NISAの活用:日本版ISAについて



気になるニュースとしては、JPX日経インデックス400という新しい株価指数が設定されることと、iシェアーズのETF4本が上場されるというものがありました。

前者については新しいETFが組成されるのではないかと思います。このブログでカバーするかどうかは微妙ですが。というのは、ハンドで追いかけるのも結構手間がかかってしまい、暇なときはよいのですが、忙しいときや気が乗らないときには面倒くさく感じてしまう自分がいます。

それからこのブログでは日経平均株価と日経カバードコール指数に注目していきたいと思っています。私自身が気にしていますので。日経225連動のETFと1565_日経カバコとの比較は、分配についての議論にも関係しています。

毎月分配型投信の議論はあちこちで行われていますが、分配により利益を逐次確定していくという性質については私はアリだと思っています。ただしインデックスファンドに比べて信託報酬が高いことと元本を取り崩してしまうことがネックです。したがって信託報酬がインデックスファンド並みで元本を取り崩さない毎月分配型投信があるならば投資したいと思います。そういう投信は聞いたことがありませんが、1565_日経カバコはそれに近いのではないかと思っているので、気にしているのです。我ながらマイナーな人だと思いますが。



iシェアーズの4本はそれぞれ米国超大型株ETF、米国小型株ETF、米国高配当株ETF、米国リート・不動産株ETFです。分配金を重視する私としては、高配当株と米国リートに興味があります。

ですがこちらもJPX日経インデックス400連動ETF(まだ存在してませんが)と同様に、このブログでまとめなくてもよいかなぁと思っています。

ただ、海外REIT関連は国内ETFでは1555_上場Aリートしかありませんので、米国リート・不動産株ETFを追加する必要性は感じています。気が向いたらやりますが、現状でおなかいっぱいな感じです。

これらだけでなくJDR形式で東証に上場されているiシェアーズのETFについては、流動性もさることながら税金の扱いが非常に気になります。分配金に対して米国と日本で二重課税になってしまうのではないかという心配です。この辺りの問題について私は疎く、国内ETFメインなのでこれまで外国税額控除をやったことがありません。

分配金のことを考えるとiシェアーズのETFはメインにしないほうがよいのかなぁなどと考えてしまいます。



上で税金の話に触れたのでまた愚痴ってしまいますが、我が国の税制は複雑すぎると思います。いえ、諸外国がどうなっているかは調べていませんが、先日会社で年末調整の書類を書きましたが、すごく分かりづらいです。もっとシンプルにできないものでしょうか。

証券税制も、やっぱりNISAはややこしいと思います。現状の軽減税率維持の方が簡単ですよ。

以上、愚痴でした。



次回の定期更新は12月22日を予定しております。
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)