国内ETFの純資産推移

タイトルをご覧になって「なんだ、純資産のグラフか」と思われたかもしれませんが、それだけではありません。

ことの発端は、私が月次でチェックしている1565_日経カバコの純資産推移について、ある疑問をもったことです。そのことは後ほどお話しするとして、まずはオーソドックスなETFのグラフを見ていただきながら話を進めさせてください。

以下のグラフは日経平均株価に連動する代表的なETFである1321_225投信を対象にして、日経平均株価(A)と1321の一口当たり純資産(基準価額)(B)をプロットし、(B)-(A)の差異をとったグラフです。

これで何が分かるかというと、連動対象である日経平均株価の推移に対して、ETFの純資産がどのように増減しているのかが表現されています。

日付の項目が見づらいですが、純資産が大きく増えているのは9月末と3月末、少し増えているのは6月末と12月末です。逆に純資産が大きく減っているのはこのETFの決算月である7月初頭です。このETFは年一回決算です。



最近では日々の細かい変動がありますが(この理由はよく分かりません)、おおむね上記の傾向があることが分かります。これはつまり日経平均採用銘柄の決算、もっとはっきり言うなら対象株式の配当権利落ち日にETFの純資産が増加していることを意味します。

直近では2013年9月26日に差異のグラフが上を向いています。これは9月末から稼働3日前であり、4日前が9月末の権利取得最終日ですから、権利落ち日に純資産に反映されていることになります。

こういう見方をするグラフです。では他のETFのグラフも作りましたのでご覧にいれましょう。
 
こちらは1321_225投信同様に日経平均株価を連動対象とする1346_MXS225のグラフです。1321との違いは、前者が年一回決算であることに対して、後者は年二回決算であるということです。したがって差異のグラフは配当→分配→配当→分配、という形になっています。



次に国内REIT型のETFを見てみましょう。以下は隔月決算の1345_上場Jリートの純資産推移と、こちらは連動対象が東証REIT指数になります。

このETFは奇数月に決算・分配を行いますので差異のグラフはたとえば、7月末配当→8月末配当→9月分配、9月末配当→10月末配当→11月分配、という動き方になっています。せわしない感じがしますね。



他の指数、たとえばMSCIコクサイとそのETF、TOPIXとそのETF、のようなグラフも作りたかったのですが、データを取得することができなかったり、著作権上どうなのかという不安もあり、ぶっちゃけ面倒くさがったということもあり、参考グラフは日経平均型と国内REIT型だけつくりました。

では問題の1565_日経カバコと日経カバードコール指数のグラフを見てみましょう。

決算は年四回、1月、4月、7月、10月ですので、決算月に差異のグラフが下向きになることは他のETFと同じです。そして日経平均型ETFと同じように、9月末と3月末にグラフが上を向いています。変動が相対的に小さくて分かりにくいですが。



さて1565_日経カバコの分配金原資は、日経平均型ETFと同様に日経225の配当金と、コールプレミアムだったはずでした。日経カバードコール指数は日経225の配当は含まず、コールプレミアムを理論上再投資した指数になっています。1565_日経カバコは配当とコールプレミアムを分配金として払い出しますので、その分が指数との差になっていくことになります。

配当分はよいのです。指数に入っておらず入金を払い出していることがグラフで確認できました。(9月末、3月末に純資産が指数に比べて増加しているので) ただしコールプレミアムの分はどうなるのでしょうか。確かにプレミアム込みの指数に連動して純資産は推移していますが、差異グラフの形から、このままコールプレミアム分を分配し続けると元本を割り込んでしまうのではないか、という疑問がわいています。

多分、多くの方々にとってはどうでもよいことかと思われますが。。。

この辺りについては現状でなんとも言えません。よく分かりません。なのでもうしばらく継続ウォッチしていきたいと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)