2013/03/22時点の運用状況

はじめに(←最初のご挨拶)



 
01_国内株式
・1565_日経カバードコール指数上場投信:285口

02_海外株式(先進国)
・1550_MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)上場投信:2,090口

03_海外株式(新興国)
・1681_上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング):1,090口
・1559_NEXT FUNDSタイ株式SET50指数連動型上場投信:265口
・1560_NEXT FUNDS FTSEブルサ・マレーシアKLCI連動型上場投信:125口

04_国内不動産
・1345_上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型:2,200口

05_海外不動産
・1555_上場インデックスファンド豪州リート(S&P/ASX200 A-REIT):2,050口

06_国内債券
・個人向け国債(10年) (+50,000円)

07_海外債券
・1677_上場インデックスファンド海外債券(Citigroup WGBI)毎月分配型:10口
・1566_上場インデックスファンド新興国債券(バークレイズLocal EM国債):6口

08_オルタナティブ
・1699_NEXT FUNDS NOMURA原油インデックス連動型上場投信:470口
・金積立(コイン含む):113.80g(+0.94g)
・プラチナ積立(コイン含む):138.42g(+0.93g)




90_簿外管理
・8703_カブドットコム証券:200株
・eMAXIS バランス(8資産均等型):38,459口・・・宝くじ積立




99_待機資金
・野村MRF:910,738円(+40,027円)
・カブコム預かり金:151,759円(+24,653円)

出金:
・50,000円:個人向け国債購入

・10,000円:金/プラチナ積立(別口座より引落、手数料含まず)


入金:
・90,000円:月次拠出金
・27円:野村MRF収入

・20,487円:1565_日経カバコ分配金(源泉徴収後)※四半期、年4回分配
・1,232円:1677_上場外債分配金(源泉徴収後)※毎月、年12回分配
・2,212円:貸株料(課税前)
・722円:外国株還付金

・10,000円:金/プラチナ積立(別口座より引落、手数料含まず)

 

 
☆前回からの変動は、毎月の貴金属積立と、個人向け国債の買い増したことです。それらのほかには売買しませんでした。入金のところに「外国株還付金」という不思議な項目がありますよね。カブコム様からのお知らせには;

(前略)平成24年度(2012年1月~2月)の配当金にかかる米国源泉税のうち過大となっておりました金額を平成25年3月15日(金)に還付いたしました。(後略)

とありました。1550_MXS外株に関係しているものと思われますが、よく分かりませんでした。これ、2013年の雑所得として申告しなければならないものなんでしょうか? 一応貸株料と一緒に申告しますけど・・・。



みなさますでにご存じの通り、国内REITの値上がりが半端ないです。日経新聞の記事(3月16日付17面)によれば、運用難に苦しむ銀行とREITの値上がりを見込む個人投資家から資金が流入しているそうです。価格上昇により分配金利回りが低下してきましたので、あるいはREITの売却を考える時期なのかもしれません。

先日は、仕事が忙しいので利益確定なんて考えている余裕がない、などと書きましたが、ようやく峠を越えて、国内ETFの収益性の記事や、駄文を書いたりするゆとりが生まれています。

落ち着いた頭で利益確定するべきかどうか考えました。しかしながらやはり売らないことにしました。その理由は;

1.目的地はいまだ遠い。長期&インデックス投資の原則に従って、頻繁に売買しない。

2.たとえここから暴落しても、あのとき売っておけばよかった、と思わないだろうから。(短期的な鞘取りを目的としていないので)

3.ここで売却しても、すぐに買い戻したくなるだろうから。(I love 分配金!)

4.2014年から株式譲渡益および配当(ETFは分配金)への税率が20%に戻る。2011年に確定させた損失を繰り越しているため、ここで繰越損失枠を使いたくない。(優遇税率の代替としての日本版ISAについては別途言及予定)

5.防衛ライン(個人向け国債を買い増ししたことにより現在1,600万円)を超過している水準での値動きは問題ない。防衛ラインを割り込むことがあれば追加投資を行う。

以上です。これだけ理由があるとちょっと売る気にはなれません。ただ、円グラフに少々歪みがあることが気がかりです。リバランスしたいところですが、リバランスは売りではなく買いで行いたいので、今は我慢。待機資金が十分ではありません。

以下は私の運用に関する書き物へのリンクです。備忘用。

・アセットアロケーション:http://kokunaietf.blog.fc2.com/blog-entry-11.html
・売買方針(防衛軍法):http://kokunaietf.blog.fc2.com/blog-entry-36.html



暖かくなってきましたよね。エリオットの「四月は残酷な月」で始まるあの詩を思い出します。眠らせておいてくれればよいものを、むやみに心をウキウキさせて、目覚めを強いる、春は残酷、と。

会社でも人事異動や組織改定が内示され何かが変わりそうな、みんな期待と不安が入り交じった心持ちのようです。私自身は何の変化もなく、ただただ現実と向き合っています。私みたいなキャラクターが組織にいることも必要だよねと自分に言い聞かせてます。誰にも理解されてないけど(少なくとも上司は承知してくださってますが)持ち場を死守する決意を持って、この年度末決算を乗り切りたいと思います。その後は、倒れちゃってもイイナ。

最後にマキャベリを引いておきましょう。

「人間は、恵まれなければ悩み、恵まれていれば退屈する。これらの性向からは同じ結果が生ずる。」

どちらにしても変化を求める、と。

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)