2012/12/21時点の運用状況

はじめに(←最初のご挨拶)

s_20121221.gif
 
01_国内株式
・1565_日経カバードコール指数上場投信:285口

02_海外株式(先進国)
・1550_MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)上場投信:2,090口

03_海外株式(新興国)
・1681_上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング):1,090口
・1559_NEXT FUNDSタイ株式SET50指数連動型上場投信:265口
・1560_NEXT FUNDS FTSEブルサ・マレーシアKLCI連動型上場投信:125口

04_国内不動産
・1345_上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型:2,200口(+100口)

05_海外不動産
・1555_上場インデックスファンド豪州リート(S&P/ASX200 A-REIT):2,050口

06_国内債券
・個人向け国債(+50,000円)

07_海外債券
・1677_上場インデックスファンド海外債券(Citigroup WGBI)毎月分配型:10口
・1566_上場インデックスファンド新興国債券(バークレイズLocal EM国債):6口

08_オルタナティブ
・1699_NEXT FUNDS NOMURA原油インデックス連動型上場投信:470口
・金積立(コイン含む):110.89g(+0.66g)
・プラチナ積立(コイン含む):135.54g(+0.68g)




90_簿外管理
・8703_カブドットコム証券:200株
・eMAXIS バランス(8資産均等型):33,914口(+5,168口)・・・宝くじ積立




99_待機資金
・野村MRF:689,520円(▲70,000円)
・カブコム預かり金:55,304円(+32,294円)

出金:
・105,690円:1345購入
・50,000円:個人向け国債購入
・6,000円:宝くじ積立

・10,000円:金/プラチナ積立(別口座より引落、手数料含まず)


入金:
・2,621円:貸株料(課税前)
・12,948円:1345_上場Jリート分配金(源泉徴収後)※隔月、年6回分配
・14,400円:1555_上場Aリート分配金(源泉徴収後)※隔月、年6回分配
・1,260円:1677_上場外債分配金(源泉徴収後)※毎月、年12回分配
・2,755円:1566_上場EM債分配金(源泉徴収後)※四半期、年4回分配
・90,000円:月次拠出金

・10,000円:金/プラチナ積立(別口座より引落、手数料含まず)

 

 
☆前回からの変動は、1345_上場Jリートを買い増ししたことと、個人向け国債を買い増ししたことです。また、年末ジャンボ分の宝くじ積立を行いました。

1345_上場Jリートの買い増しは、アセットアロケーション上、国内不動産セクターの割合が落ちたように感じましたので、押し目の1,055円で指値、約定できました(逆にちょっと突き抜け気味ですが)。

個人向け国債は私のリスク資産のペースメーカーの役割を持っていて、全体の5%になっていることが目安です。今回5万円分買い増しして75万円になりました。75万円が5%に相当する全体額は、75万円÷0.05により1,500万円です。当面はこの1,500万円を防衛ラインとします。この全体額およびセクターごとの評価額が防衛ラインを割り込む場合を除き、追加投資はしないようにします。

リスク資産に対して待機資金が貧弱なので、この部分を厚くしていきたいです。



月末ではない変なタイミングで運用状況を報告していますが、これはお給料をいただいたタイミングで集約することを自分のルールにしているからです。

含み損益はあまり重視していません。重視しているのはあるセクターの口数・評価額です。リバランスや銘柄変更、税金調整を行う場合は含み損益に注意しますが、普段は絶対額管理です。

※絶対額管理とはいえ取引量の少ない銘柄もありますので、必ずしも評価額で売買できるわけではないことには注意が必要です(指定参加者がいますので売買自体はできますが、割高購入・割安売却はありえますので、広義の流動性リスクがあります)。

※さらにリンク債型のETFには発行体の信用リスクがあります。私のポートフォリオでは1565_日経カバコが相当します。とっても癖のあるETFなんですが、私、大好きなんです。これ。

※それから・・・ブログタイトルの通り、私は国内ETFをメインに運用しています。・・・なんとなくそのことを主張してみたくなっちゃいました。



この土日は年賀状の用意と、それからキーボードの調達をしておりました。

私はタブレット端末でこのブログを更新しているのですが・・・もう限界です。人差し指だけで文章を書くのは。

そう思ってBluetoothキーボードを調達してきました。折りたたみ式のコンパクトなモバイルキーボードです。ところが、う、打ちにくい・・・。肩がこってしんどくなってしまいました。そこで同じくBluetoothキーボードなんですがフルサイズを購入してきました。これはちょっと持ち運びは無理ですが、打ちやす~い。

というわけでこれからはダカダカ文字を打ち込めます! 

それにしても・・・。金融商品も電化製品も、買い物が下手だなぁと思う自分であります。というのは、タブレットに移した音楽を聴こうとしてやっぱりBluetoothのイアホンを物色しに近くのお店に行ったんです。そうしたらセールをやっていて、特売のイアホンを購入してきたんです。ところが。

家の中で、タブレットの近くで使う分には問題ないんですが、タブレットから離れたり、屋外で使おうとすると音が跳んでしまって実用に耐えません。というわけでこちらは家事の最中、具体的にはアイロンを使っているときに音楽を聴くのに使うことにして、別のイアホンを購入しました。こちらは屋外でも問題なく使えます。

結局キーボードもイアホンも二つ購入してしまったんです。やれやれ・・・。
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)