2013/02/22時点の運用状況

はじめに(←最初のご挨拶)



 
01_国内株式
・1565_日経カバードコール指数上場投信:285口

02_海外株式(先進国)
・1550_MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)上場投信:2,090口

03_海外株式(新興国)
・1681_上場インデックスファンド海外新興国株式(MSCIエマージング):1,090口
・1559_NEXT FUNDSタイ株式SET50指数連動型上場投信:265口
・1560_NEXT FUNDS FTSEブルサ・マレーシアKLCI連動型上場投信:125口

04_国内不動産
・1345_上場インデックスファンドJリート(東証REIT指数)隔月分配型:2,200口

05_海外不動産
・1555_上場インデックスファンド豪州リート(S&P/ASX200 A-REIT):2,050口

06_国内債券
・個人向け国債(10年)

07_海外債券
・1677_上場インデックスファンド海外債券(Citigroup WGBI)毎月分配型:10口
・1566_上場インデックスファンド新興国債券(バークレイズLocal EM国債):6口

08_オルタナティブ
・1699_NEXT FUNDS NOMURA原油インデックス連動型上場投信:470口
・金積立(コイン含む):112.86g(+0.46g)
・プラチナ積立(コイン含む):137.49g(+0.44g)




90_簿外管理
・8703_カブドットコム証券:200株
・eMAXIS バランス(8資産均等型): 38,459口(+4,545口)・・・宝くじ積立




99_待機資金
・野村MRF:870,711円(+90,000円)
・カブコム預かり金:127,106円(+33,005円)

出金:
・6,000円:宝くじ積立

・10,000円:金/プラチナ積立(別口座より引落、手数料含まず)


入金:
・90,000円:月次拠出金
・20,460円:1345_上場Jリート分配金(源泉徴収後)※隔月、年6回分配
・14,553円:1555_上場Aリート分配金(源泉徴収後)※隔月、年6回分配
・1,241円:1677_上場外債分配金(源泉徴収後)※毎月、年12回分配
・2,751円:1566_上場EM債分配金(源泉徴収後)※四半期、年4回分配

・10,000円:金/プラチナ積立(別口座より引落、手数料含まず)

 

 
☆前回からの変動は、貴金属積立と宝くじ積立だけです。それらのほかには売買しておりません。売買してはおりませんが、来月に春の個人向け国債の募集が始まったら買い増ししようか考えています。具体的には現在75万円となっている個人向け国債を、5万円買い増しして80万円としようかと思っています。

私のアセットアロケーションでは国内債券セクターである個人向け国債を総額(防衛ライン)の5%としています。このことにより個人向け国債は私の投資のペースメーカーになっています。現在は75万円÷5%で1,500万円が防衛ラインです。これを80万円にすると80万円÷5%により1,600万円が防衛ラインになります。とはいえ現在の評価額は1,600万円を超過していますので、やはり特にほかの銘柄を買い増しする予定はありませんし、売ることもしません。待機資金を厚くすることが当面の目標です。

REIT型ETFの分配金が結構効きます。もっともインデックスファンドならば自動的に再投資されているはずのお金です。私は分配金に課税されても再投資のタイミングを自分で選びたいのでこういうスタイルになっています。(繰り延べ税金資産により後2年は所得税還付を受けられるはずですが)

別口座からまとめて資金を移してなおかつリスコン5の形で待機資金とする計画もありますが、これはまたいずれ。

以下は私の運用に関する書き物へのリンクです。備忘用。

・アセットアロケーション:http://kokunaietf.blog.fc2.com/blog-entry-11.html
・売買方針(防衛軍法):http://kokunaietf.blog.fc2.com/blog-entry-36.html



実は来週、またしても海外出張が入ってしまいました。帰国は28日ですので一週間足らずですが、本業が忙しくてブログの更新も書き溜めもままなりません。ここのところは以前に書き溜めておいたエントリを投下していましたが、いよいよネタが枯渇してまいりました。

いずれこうなることは分かっていたので定期的に書くことができるテーマ、具体的には;

・運用状況:毎月
・宝くじ積立:年5回
・国内ETFの気配値:年1~2回

といったものをメインテーマとして本ブログを立ち上げました。したがいまして今後の更新は基本的に月次の運用状況(つまりこの記事)になるのではないかと思います。退屈なブログになってしまうかもしれませんね。

それではまた来月(?)お会いしましょう。

関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)