2013/01/04気配値

国内ETFの流動性 (←本シリーズの説明)

国内ETFの収益性(REIT型)(←利回り情報はこちら)



REIT型
上場市場
証券コード
銘柄名称
iNAV(前場終了時点)
東証
1343
REIT-ETF
1,202.16
東証
1345
上場Jリート
1,138.41
東証
1555
上場Aリート



※画像をクリックすると原寸表示します。
※気配値記録日はタイトルの通り、時間は後場前(お昼休み中)です。
※画像はカブコム様の画面(当ブログでの画像利用可否はカブコム様に確認済み)です。
※iNAVは東証様にて算出しているETFの推定純資産額【参考情報】(iNAVを引用したブログ記事作成可否は東証様に確認済み)です。iNAVについては右側リンク集より東証様のETF・ETNスクエアをご参照ください。
 
REIT、すなわち不動産投資信託の指数に連動するETFは、国内REITが2本、海外REITが1本で、合計3本あります。

海外REITはサブプライムローン問題&リーマンショック、国内REITは東日本大震災および原発事故により苦しんでいましたが、最近は活気が戻ってきたようです。板も、そんなに厚くはありませんが、かといってそう薄い感じもしません。

海外のREITといっても、上場Aリートは豪州のREIT指数です。詳しくは日興様の商品案内ページを参照ください。

国内REIT連動のETF2本にはiNAVの情報があります。ほぼ純資産総額どおりに値がついているように見えますね。

私自身は上場Jリートと上場Aリートをそれぞれ保有しています。隔月分配でありキャッシュ創出の要となる2本です。
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)