2016/08/23時点の運用状況

はじめに(←最初のご挨拶)

 
■アセットアロケーションサマリ【簿外管理銘柄含まず】

アセットクラス
配分
防衛ライン
評価額
充足率
銘柄(保有数)
先進国株式
25%
650万円
631万円
97%
1550_MXS外株(3,610)
先進国債券
25%
650万円
627万円
97%
1677_上場外債(126)
新興国債券
25%
650万円
627万円
97%
1566_上場EM債(126)
先進国不動産
25%
650万円
631万円
97%
1555_上場Aリート(3,950)
運用額

2,600万円
2,516万円
97%







待機資金
20%
520万円
568万円
109%

総額


3,084万円






■2015年 運用状況サマリ【簿外管理銘柄含まず】

日付
___評価総額___
_当期売買_
__分配金__
________備考________
2015/12/22
25,369,650円



2016/01/22
24,180,447円
680,554円
38,581円
1597売却、1550等5種類購入
2016/02/23
25,310,500円
430,579円
79,001円
1550/1677購入
2016/03/23
26,465,700円
93,112円
8,144円
1597売却、1677/1566購入
2016/04/22
26,524,519円
0円
86,644円

2016/05/23
25,996,355円
20,490円
8,989円
1559購入
2016/06/23
25,572,710円
400,431円
76,070円
1677/1566/1560/1597購入
2016/07/22
27,171,348円
977,880円
47,638円
1550/1566/1677等6種類購入
2016/08/23
25,164,420円
▲1,015,713円
84,839円
4資産均等配分へ
2016/09/**




2016/10/**




2016/11/**




2016/12/**









総額増減(名)
▲205,230円



当期売買合計

1,587,333円


総額増減(実)
▲1,792,563円



分配合計


429,906円



※当期売買+は購入、▲は売却による総額変動
※総額増減(実)は当期の売買による総額変動を控除した金額
※分配金は税金支払後の実績入金
※分配金には簿外管理銘柄の評価額および配当、税還付、貸株料、MRF利金を含まず
 


■今月の売買

4資産均等配分に変更したためかなりの売買を行っています。

購入:1550_MXS外株、1555_上場Aリート、1566_上場EM債、1677_上場外債

売却:1345_上場Jリート、1559_タイ株、1560_マレ株、1565_日経カバコ、1597_MXS Jリート

防衛ラインは6資産均等配分の2,520万円(それぞれ420万円)を踏襲しようとしたのでそれぞれ630万円にしましたが、買い付けの便宜(おもに購入単位の大きい上場外債)のためにそれぞれ650万円、合計2,600万円にしようとしています。



■今月の分配金入金

1345_上場Jリート、1555_上場Aリート、1566_上場EM債、1677_上場外債です。

税引き後の合計で84,839円が入金されました。2016年の累計では429,906円となっています。



■覚え書き

以下は私の運用に関する書き物へのリンクです。備忘用。

・アセットアロケーション:アセットクラス兵科説【6】
・ポートフォリオ:なぜ国内ETFなのか
・売買方針:長期投資のしくみ(防衛軍法)
・NISAの活用:日本版ISAについて
・国内ETFメモ:ETF・ETN市場に関する意見交換会@東証
・その他:メディア掲載履歴



■4資産均等配分へ

先日言及したとおり、これまでの6資産均等配分を見直して新興国株式と国内不動産を除外した4資産均等配分に変更しました。新興国株式と国内不動産のアセットクラスを構成していたETF3銘柄を売却しました。また簿外管理していた1565_日経カバコも処分してしまいました。この定期記事で作成していた円グラフもドーナツ型に変更して中央に待機資金を表記するように変えました。

思えば2014年12月以来のアセットアロケーションの大幅変更になります。当時は7資産均等配分から国内株式を除外して6資産均等配分にしたのですが、当時はこんなことを書いていました。

“国内株式クラスを処分するという決断にいたった理由は、先日の選挙結果によります。選挙結果を受けてアベノミクスが継続されることになりましたが、この先を私は悲観しているのです。

しかしながら、もしもアベノミクスが成功し日本が成長軌道を取り戻すならば、国内株式からの撤退は大きな機会損失になるかもしれません。ですがその場合は資産運用の結果としてではなく勤務先からの給料を通じて恩恵があることでしょう。ですから国内株式クラスを保有しないということはそれほど致命的にはならないと思います。

それよりもアベノミクスが失敗して日本が再びデフレ基調に戻るないしはスタグフレーションが進行する、もしくは大失敗してハイパーインフレに突入する場合が問題です。これらのケースにどう対処するのかを考えたとき、まずは仕事を(クビにならないように)頑張る、手持ち資金を厚くする、海外資産への投資を増やす、という対処しか思いつかなかったのです。”



あれから1年半ほどが経ちましたが、日本はいまだ成長軌道を取り戻してはおりません。それよりも日銀が頑張りすぎて金利や国内株価の価格形成に影を落とし始めました。また2014年12月の為替は119.4円/ドルだったのですが、これも元に戻ってしまいました。円高方向に推移していますので日本円の信任自体は失われていませんが、デフレ基調へ回帰してきたように思えます。もっともただ戻るだけでは済まなそうではありますが。

そんなわけでアセットアロケーションについてこのままでいいのか考えた結果、より管理がしやすいように、また売買しやすいように、そしてより海外重視へ舵をきることにしました。



■新興国株式と国内不動産を除外

新興国株式は1559_タイ株と1560_マレ株で代用してきました。これらの銘柄そのものは悪くなかったのですが、どうにもこうにも板が薄すぎて売買しづらくてたまりませんでした。中国で景気懸念が発生したときにもブレグジット騒ぎのときにも買い増しをしましたが、購入にストレスを感じるくらい板が薄いのです。

私は基準価額で購入することにこだわってはいませんし、基本的にバイアンドホールドですから板が薄くても気にしていなかったのですが、こまめに追加購入が必要になる局面では板の薄さはストレスでした。また売却できるかどうかも不安の種でした。

実際のところはマーケットメイカーが注文を出してくれるので売買そのものは可能です。今回処分する際には、かなりの安値ですが、まとめて売却することができました。板に注文が出ていなくても、システムが行っているのかわかりませんが、どんどん注文が出されるのです。損した気持ちになるのは仕方がありませんが。

いわゆる流動性に関する問題ですね。またタイ株とマレ株の2本を使っていたことも管理のしづらさに拍車をかけていました。管理を容易にするという観点からは一つのアセットクラスは1本のETFで構成するべきです。新興国株式への投資を1本のETFで行おうとするとJDR形式で二重課税のiシェアーズエマージング株式か、先物運用で分配金の出ない上場新興国株式かの選択になりますが、私はどちらも気に入らなかったのです。

そして国内不動産ですが、こちらは悩みました。民主党政権末期の値下がり期に食い下がってナンピンしていたためかなりの含み益があり、また分配金も魅力的でした。ですがこちらも2本のETFを使っていたので管理に難があり、またこの先の不動産バブル崩壊と金利急騰を嫌忌したのです。今の状態が続くとは思えません。

とにかく今国内は株式も債券も不動産も価格形成がおかしいと思います。それはひとえに日銀の努力の賜物なのですが、私は日銀の、黒田さんの努力や苦闘を評価しています。金融政策だけでは成長軌道を取り戻すことは不可能で、そこから先は政府の仕事です。日銀が痛み止めを打っている間に政府は手術をしなければならなかったのです。

円安に誘導しただけで気持ちがよくなってしまい、構造改革は中途半端でした。中途半端に消費税だけ上げてしまいました。消費税を上げなければうまくいくはずだったという論調もありますが、そもそもわが国を覆っている不透明さと閉塞感の原因は社会保障にあるので、未来は明るいとみんなが思わなければなかなかお金は使いません。っていうか貯金しないといけないので怖くて使えません。

持続可能な社会保障制度のために消費税を上げることは必要ですし、多くの有権者もそう思っていました。しかしながらそこから先はご存知の通りです。支給開始年齢の引き上げ、マクロ経済スライドの適用、仕送り型から積み立て型への移行、そして定年後の老人や女性がもっと働くことができるようにしたり労働力の移行がスムーズに行えるようにするための雇用流動化・・・。相当に難しいテーマなんでしょうね。

ま、できないことをここで愚痴っていても仕方がありませんね。

というわけで今回のアセットアロケーションの見直しにともない、新興国株式と国内不動産を除外いたしました。



■更新予告

次回の定期更新は9月25日を予定しております。



以下雑談



■今月のチラシの裏

今月からいろいろ見直しを行いました。ブログの更新もあまり時間をかけないようにしたいところです。でも書きたいことは書きますし、この月次の運用状況も今回かなり簡素化しましたが、引き続き更新していきます。



■今月のゲーム雑談

資格試験の勉強をしているのでゲームする時間がめっきり減ってしまいました。いまやゲームは勉強のご褒美となっております。小学生みたい。




関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)