相場上昇時の戒め

中国の古典『荘子』には「蟷螂捕蝉、黄雀在後」の故事が納められています。

カマキリがセミを捕まえようと狙っています。ところがその様子をカマキリの後ろで小鳥がじーっと眺めているのです。

カマキリが狩りを成功させたら一巻の終わりです。小鳥が襲いかかってきます。小鳥にしてみれば一石二鳥。カマキリとセミが手に入るからです。

目の前にいる美味しそうな獲物(=セミ)に心奪われたカマキリは、背後に迫る自身の危険に気がつかない。

選挙以降の上昇相場において、私たち個人投資家にとってなんとなく示唆に富む故事ではないでしょうか。

※この記事は何らかの投資判断を促すものではありません。投資は自己責任で行ってくださいね。
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)