2016/01/22時点の運用状況

はじめに(←最初のご挨拶)

 
■アセットアロケーションサマリ【簿外管理銘柄含まず】

アセットクラス
配分
防衛ライン
評価額
充足率
方針
01_海外株式_先
17%
400万円
401万円
100%
割れたら買う
02_海外株式_新
17%
400万円
403万円
101%
割れたら買う
03_国内不動産
17%
400万円
404万円
101%
割れたら買う
04_海外不動産
17%
400万円
409万円
102%
割れたら買う
05_海外債券_先
17%
400万円
399万円
100%
プチ株購入
06_海外債券_新
17%
400万円
401万円
100%
割れたら買う
合計

2,400万円
2,418万円
101%







99_待機資金
20%
480万円
470万円
98%
積み増し継続





■ポートフォリオと前月からの変動

01_海外株式(先進国)


・1550_MAXIS海外株式
2,240口
(+150口)



02_海外株式(新興国)


・1559_NEXT FUNDSタイ株SET50
817口
(+87口)
・1560_NEXT FUNDSマレ株KLCI
474口
(+14口)



03_国内不動産


・1345_上場Jリート
2,000口
(±0口)
・1597_MAXIS Jリート上場投信
450口
(▲150口)



04_海外不動産


・1555_上場Aリート
2,820口
(±0口)



05_海外債券(先進国)


・1677_上場海外債券
73口
(+3口)



06_海外債券(新興国)


・1566_上場新興国債券
79口
(+4口)






90_簿外管理


・1565_日経カバードコール上場投信
30口
 ・・・NISA/追跡用
・8703_カブドットコム証券
400株
 ・・・優待目的
・eMAXIS バランス(8資産均等型)
90,018口
 ・・・宝くじ積立
・金貨
1オンス
 ・・・お守り代わり
・プラチナコイン
1/2オンス
 ・・・お守り代わり
・i-mizuho先進国リートインデックス
8,195口
 ・・・優待目的







■待機資金残高

99_待機資金


・野村MRF
 2,068,447円
 (+32円)
・カブコム預かり金
 2,673,104円
 (▲540,159円)




■待機資金入出金

◆出金:


【野村】



 なし




【カブコム】


売買
276,910円
 1550_MXS外株購入
売買
222,750円
 1559_タイ株SET50購入
売買
209,600円
 1566_上場EM債購入(NISA)
売買
168,128円
 1677_上場外債購入(プチ株)
売買
59,835円
 1560_マレ株KLCI購入
合計
937,223円







◆入金:


【野村】



32円
 野村MRF収入



【カブコム】


売買
256,669円
 MXSJリート売却(源泉徴収後)
分配
25,315円
 1550_MXS外株分配金(源泉徴収後)
分配
7,810円
 1677_上場外債分配金(源泉徴収後)
分配
4,257円
 1597_MXSJリート分配金(源泉徴収後)
分配
1,199円
 1597_MXSJリート分配金(NISA)

100,000円
 月次拠出金

1,814円
 貸株料
合計
397,064円





■2015年 運用状況サマリ【簿外管理銘柄含まず】

日付
___評価総額___
_当期売買_
__分配金__
________備考________
2015/12/22
25,369,650円



2016/01/22
24,180,447円
680,554円
38,581円
1597売却、1550等5種類購入
2016/02/**




2016/03/**




2016/04/**




2016/05/**




2016/06/**




2016/07/**




2016/08/**




2016/09/**




2016/10/**




2016/11/**




2016/12/**









総額増減(名)
▲1,189,203円



当期売買合計

680,554円


総額増減(実)
▲1,869,757円



分配合計


38,581円



※当期売買+は購入、▲は売却による総額変動
※総額増減(実)は当期の売買による総額変動を控除した金額
※分配金は税金支払後の実績入金
※分配金には簿外管理銘柄の評価額および配当、税還付、貸株料、MRF利金を含まず
 

 
■口座別損益【簿外管理銘柄含む、参考】

日付
口座
    元本    
    時価    
    損益    
2015/11/20
特定
19,833,156円
24,342,420円
+4,509,264円
2015/11/20
NISA
1,997,654円
2,117,790円
+120,136円
合計
合計
21,830,810円
26,460,210円
+4,629,400円





2015/12/22
特定
19,833,156円
23,914,750円
+4,081,594円
2015/12/22
NISA
1,997,654円
2,101,700円
+104,046円
合計
合計
21,830,810円
26,016,450円
+4,185,640円





2016/01/22
特定
20,306,588円
22,622,167円
+2,315,579円
2016/01/22
NISA
2,207,246円
2,123,780円
▲83,466円
合計
合計
22,513,834円
24,745,947円
+2,232,113円







※各口座とも簿外管理銘柄含む全銘柄による
 


■今月の売買

1597_MXS Jリートを売却し、1550_MXS外株、1559_タイ株、1560_マレ株、1566_上場EM債、1683_上場外債を購入しました。

昨年末来一部売却を考えてきた国内リートをようやく売りました。これは国内リートだけが突出していたので他のアセットクラスとバランスをとる必要があることを認識していながら面倒くさがって放置してきた1597_MXS Jリートの売却をようやく行ったというものです。

私はETFを購入することは大好きですが売却することは好きではないのです。なぜ売却が好きではないのかというと、ETFを購入して貸株に出して金利収入を得ながら分配金を待つというスタイルを採用しているからです。売却すると税金を支払わなければならないということも売却をためらわせる要因です。

したがって売却するよりも他のアセットクラスを買い増しするいわゆるノーセルリバランスのほうを好むのですが、年が明けてからの相場の変調を目の当たりにしたことにより、ここで防衛ラインを引き上げつつ下げ相場に食い下がるのは待機資金余力から考えてリスキーだと考えました。

というわけであきらめて1597_MXS Jリートを売却し、総額2,400万円、個別では400万円の防衛ラインを維持するため、割り込んだアセットクラスの銘柄を買い増ししました。

まだ2016年も始まったばかりですのでこれからどうなるか予断を許しません。防衛ラインを引き上げて買いに出るのは待機資金が十分にプールできてからにしたいです。



■今月の分配金入金

1677_上場外債、1550_MXS外株、1597_MXS Jリートです。

税引き後の合計で38,581円が入金されました。2016年はここからスタートです。



■覚え書き

以下は私の運用に関する書き物へのリンクです。備忘用。

・アセットアロケーション:アセットクラス兵科説【6】
・ポートフォリオ:なぜ国内ETFなのか
・売買方針:長期投資のしくみ(防衛軍法)
・NISAの活用:日本版ISAについて
・国内ETFメモ:ETF・ETN市場に関する意見交換会@東証
・その他:メディア掲載履歴



■Fund of the Year 2015発表

私も投票させていただいたFund of the Year 2015が発表されました。(詳しくは投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2015のページへどうぞ)

まだ全体の結果が掲載されていませんが、今回もETFに絞ってランキングをチェックしてみると、VTが3位、1477_iシェアーズMSCI最小分散ETFが10位、VTIが18位ということで、東証に上場されている国内ETFが初めてベストテンに入りました。すごいことだと思います。

ただ私はこのETFを買う予定がないんですよね・・・。



■日経ヴェリタス掲載

1月17日号の「個人投資家七転び八起き」に掲載されました。

昨年11月にインデックス投資日記@川崎のkenzさんのご紹介でETF特集の取材を受けて11月22日号で紹介されたのですが、その際に掲載できなかった内容については別の機会に掲載させてほしいと記者のかたに言われていたものです。

内容については基本的にこのブログに書いてあることですので真新しいことはありませんけれども、少ないスペースによくまとめられているなあと感心しました。似顔絵も味があると思いました。



■年初によせて

みなさまあけましておめでとうございます。2016年は大発会から波乱の幕開けでした。年末の北米利上げから中国景気懸念、そして年明けからは中東情勢と北朝鮮水爆実験と、今年も市場を揺るがす出来事に事欠きそうにありませんね。

私としては十分なキャッシュを用意しておいて防衛ラインを割り込んだ銘柄を買うというこれまでのやり方を続けていくだけです。市場が荒れて鉄火場じみてくると短期売買して鞘をとりたい欲望がむくむくと頭をもたげてくるのですが、短期売買を狙ってうまくいった試しがないのでやりません。

やはり長期、分散、現物、逆張り、ナンピンを旨として、先回りして待ち伏せして不意打ちをかける方向で(?)いきたいと思います。なんのこっちゃ。ともあれ、本年もよろしくお願い申し上げます。



■更新予告

次回の定期更新は2月28日を予定しております。



以下雑談



■ポイントカード一本化

総務省は各種ポイントカードをマイナンバーカードに一本化することを検討しているとの報道がありました。確かに財布の中にはいろいろなポイントカードが入っていたりするのでそれらが一枚にまとまればそれはそれで便利なのかなとは思います。懸念される点としては紛失と情報漏えい、ナンバーそのものの漏えいとプライバシーに関するところでしょうか。どの店で何をいくら購入したかという記録が把握されるのはあまり気分がよいものではありません。マーケティングとしては非常に強力なデータになりそうですけれど。

ただ私が気になるのはマイナンバーというのは用途以外で他人に教えてはいけない情報だったはずで、そういう性質のナンバーが記されたカードをお店のレジで一時的にせよ他人に渡してよいものなのでしょうかというところです。身分を証明するものとしては使いにくいと思うのですがどうなんでしょうね。

私はまだ通知カードの状態のままでマイナンバーカードの発行申請をしておりません。勤め先と証券会社からはマイナンバーの提供を求められましたので応じました。



■軽減税率

年が明けて夏の参院選に向けて利権争いが活発化してきましたね。私は社会保障費の財源を消費税に求めることはよいと思うのですが、消費税というのはできるだけ薄く広くシンプルにするべきだと考えています。さもないと現場の事務手続きが煩雑になるからです。

食料品など生活必需品の消費税率を据え置くべきだという主張は心情的に理解できるのですが、たとえばファーストフード店で持ち帰れば8%で店内で食べるなら10%というのはやはり納得がいきません。英国やドイツではそういう運用をしているそうですが、聞いただけで嫌になります。

食料品のみならず新聞も軽減税率の対象になるとかならないとかという議論もあるようですね。そんなことを言い出したらきりがないと思います。



■SMAP騒動

解散が回避されてめでたしめでたしなのかもしれませんが、私はマジョーネの乱からシニガッリア事件への流れを想起させされました。マキャベリストは反乱を起こした人間を容赦しないわけですが、いつも力でねじ伏せることができるとは限りませんし、そうすることが得策ではないこともあるでしょう。

マジョーネの乱は16世紀のイタリアでチェーザレ・ボルジア配下の傭兵隊長たちがチェーザレに反旗を翻した事件です。チェーザレは彼らを懐柔し、結束を崩し、油断させてシニガッリアの地に会合のために終結させて一網打尽にしました。この一連の流れは後に権謀術数かくあるべしとマキャベリに称賛されることになります。

今回のSMAP騒動の本質は事務所内部の権力闘争のようなので事務所とマネージャーのどちらが正しいかどうかは問題ではありません。闘争にあるのは正義と悪ではなくて勝者と敗者だけなのですから。ただ私は立ち上がったのなら独立するべきだと思いました。なぜならば形ばかり保ってももう元の鞘に収まらないと思うからです。事務所は彼らを見せしめにして内に戒めを、外には警告を発することを考えるのではないでしょうか。生かさず殺さずという状況になれば、彼らは今回の決断を後悔することになるかもしれません。



■バス事故

数年前に高速バスが防音壁でスライスされるという衝撃的な事故が起きたと思ったら、今度はスキーツアーバスが道路わきに転がり落ちてしまうという痛ましい事故が起こりました。事故の一報を聞いて深夜バスのスキーツアーに参加する人なんてきっと若い人ばかりなんだろうなと思っていたら案の定大学生ばかりでした。事故の原因等はまだわかりませんが、高速バスに乗る際は必ずシートベルトを着用するくらいしか対策が思いつきません。

事故はいつも悲惨ですが、今回は特に若くて希望のある人たちが大勢亡くなってしまったことが気の毒で仕方ありません。ご冥福をお祈り申し上げます。



■今月のチラシの裏

相場が荒れるとワクワクしてくるのはミスターマーケットに幻惑されているのかしらん。



■今月のゲーム雑談

GTAに回帰。やはりGTAがいいな。FALLOUT4はいったんクリアしたのですが、再スタートする気が起きません。MODが充実してから戻ろうと思います。




関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)