2015/12/22時点の運用状況

はじめに(←最初のご挨拶)

 
■アセットアロケーションサマリ【簿外管理銘柄含まず】

アセットクラス
配分
防衛ライン
評価額
充足率
方針
01_海外株式_先
17%
400万円
417万円
104%
このまま
02_海外株式_新
17%
400万円
403万円
101%
このまま
03_国内不動産
17%
400万円
460万円
115%
一部売却?
04_海外不動産
17%
400万円
431万円
108%
このまま
05_海外債券_先
17%
400万円
403万円
101%
プチ株購入?
06_海外債券_新
17%
400万円
423万円
106%
このまま
合計

2,400万円
2,537万円
106%







99_待機資金
20%
480万円
528万円
110%
積み増し継続





■ポートフォリオと前月からの変動

01_海外株式(先進国)


・1550_MAXIS海外株式
2,090口
(±0口)



02_海外株式(新興国)


・1559_NEXT FUNDSタイ株SET50
730口
(±0口)
・1560_NEXT FUNDSマレ株KLCI
460口
(±0口)



03_国内不動産


・1345_上場Jリート
2,000口
(±0口)
・1597_MAXIS Jリート上場投信
600口
(±0口)



04_海外不動産


・1555_上場Aリート
2,820口
(±0口)



05_海外債券(先進国)


・1677_上場海外債券
70口
(±0口)



06_海外債券(新興国)


・1566_上場新興国債券
75口
(±0口)






90_簿外管理


・1565_日経カバードコール上場投信
30口
 ・・・NISA/追跡用
・8703_カブドットコム証券
400株
 ・・・優待目的
・eMAXIS バランス(8資産均等型)
90,018口
 ・・・宝くじ積立
・金貨
1オンス
 ・・・お守り代わり
・プラチナコイン
1/2オンス
 ・・・お守り代わり
・i-mizuho先進国リートインデックス
8,195口
 ・・・優待目的







■待機資金残高

99_待機資金


・野村MRF
 2,068,415円
 (+26円)
・カブコム預かり金
 3,213,263円
 (+1,070,610円)




■待機資金入出金

◆出金:


【野村】



 なし




【カブコム】


その他
6,000円
 宝くじ積立






◆入金:


【野村】



26円
 野村MRF収入



【カブコム】


分配
7,810円
 1677_上場外債分配金(源泉徴収後)
分配
25,905円
 1566_上場EM債分配金(源泉徴収後)
分配
6,192円
 1566_上場EM債分配金(NISA)
分配
11,220円
 1345_上場Jリート分配金(源泉徴収後)
分配
17,342円
 1555_上場Aリート分配金(源泉徴収後)
分配
4,464円
 1555_上場Aリート分配金(NISA)

100,000円
 月次拠出金

900,000円
 追加拠出金

1,764円
 貸株料

1,913円
 8703_KABU.COM配当金(源泉徴収後)
合計
1,076,610円





■2015年 運用状況サマリ【簿外管理銘柄含まず】

日付
___評価総額___
_当期売買_
__分配金__
________備考________
2014/12/22
23,928,456円



2015/01/23
24,942,280円
999,344円
28,453円
1566/1555/1597購入
2015/02/23
25,136,980円
203,610円
65,227円
1597購入
2015/03/23
25,113,740円
128,996円
7,754円
1566購入
2015/04/23
25,358,230円
0円
69,924円

2015/05/22
25,521,050円
0円
7,810円

2015/06/23
25,330,420円
0円
62,848円

2015/07/23
25,260,280円
497,333円
42,062円
1597/1555購入、個人向け国債売却
2015/08/21
24,931,470円
915,431円
69,336円
1560/1559/1566購入
2015/09/18
25,080,740円
1,091,125円
80,142円
1550等6種類購入
2015/10/23
25,792,530円
0円
81,740円

2015/11/20
25,786,410円
0円
7,810円

2015/12/22
25,369,650円
0円
72,933円






総額増減(名)
+1,441,194円



当期売買合計

3,835,839円


総額増減(実)
▲2,394,645円



分配合計


596,039円



※当期売買+は購入、▲は売却による総額変動
※総額増減(実)は当期の売買による総額変動を控除した金額
※分配金は税金支払後の実績入金
※分配金には簿外管理銘柄の評価額および配当、税還付、貸株料、MRF利金を含まず
 

 
■口座別損益【簿外管理銘柄含む、参考】

日付
口座
    元本    
    時価    
    損益    
2015/10/23
特定
19,833,156円
24,349,120円
+4,515,964円
2015/10/23
NISA
1,997,654円
2,099,010円
+101,356円
合計
合計
21,830,810円
26,448,130円
+4,617,320円





2015/11/20
特定
19,833,156円
24,342,420円
+4,509,264円
2015/11/20
NISA
1,997,654円
2,117,790円
+120,136円
合計
合計
21,830,810円
26,460,210円
+4,629,400円





2015/12/22
特定
19,833,156円
23,914,750円
+4,081,594円
2015/12/22
NISA
1,997,654円
2,101,700円
+104,046円
合計
合計
21,830,810円
26,460,210円
+4,629,400円







※各口座とも簿外管理銘柄含む全銘柄による
 


■今月の売買

宝くじ積立だけでした。

ここのところ国内リートが突出していましたので一部売却することも考えたのですが、結局何もしませんでした。単純に面倒くさがっているからです。国内リートを売り、先進国債券を買うとバランスがよくなるのですが、先進国債券は単元が50万円と大きいのでプチ株を利用することになりそうです。年が明けたらまた考えようと思います。

また今月はボーナスの支給月でしたので拠出金を追加しています。これにより待機資金の充足率が100%を超えました。

2015年のまとめは別記事を大晦日にアップするつもりですが、この場でも概観してみますと、2015年は23,928,456円(2014/12/22)からスタートして、3,835,839円分の購入を行い、25,369,650円(2015/12/22)になりました。400万円弱も購入したにもかかわらず、140万円ほどしか増えなかったということになります。それだけ今年の市況は厳しかったわけです。

こういうときもあるでしょう。2016年も地道にやっていきたいと思います。



■今月の分配金入金

1677_上場外債、1566_上場EM債、1345_上場Jリート、1555_上場Aリートです。

(簿外管理銘柄である8703_KABU.COMも配当がありました。この配当は待機資金には加えていますが、月々の分配金計算には含めておりません。別扱いとしています。)

税引き後の合計で72,933円が入金されました。2015年の累計では596,039円となっています。

上記のとおり2015年は23,928,456円からスタートしましたので、単純に596,039円の分配を割ってみると2.5%です。年末の25,369,650円をベースとすれば2.3%、待機資金も含めた総額30,651,328円をベースとすると1.9%ということで、私が目安としている2%の分配利回りは大体達成できていると思います。

以下は半年前の記事からの抜粋なのですが、再掲します。

配当利回り2%というのは決して高いものではありません。高配当銘柄にはもっと利回りのよいものもたくさんあると思います。

私にとって意味があるのはこの2%という分配金利回りがETFによって実現されつつあるところにあります。ETFは銘柄のミックスですので、ベンチマークとなる指数に追従するということと、個別銘柄よりもリスク(標準偏差)が低いという特徴があります。市況の変動はあるにせよ、それなりに元本を維持して(元本割れしないというわけではありません)、ときどき買い増しして、そして分配金がもらえるならそれでいいかなと考えています。

なお、分配金を受け取ることが税務的に不利で複利運用の妨げになることは重々承知した上でこういうやり方を選択しております。またETFとはいえこの先もこれまでと同じ水準の分配金が出るとは限らないことも承知しております。

再掲ここまで。

年間60万円の分配金というのは月に5万円の追加収入があるということになります。このことの心理的効果は私にとって非常に大きいのです。それは、追加収入があるから浪費してもよいのだという方向ではなくて、無理に生活残業みたいなことをしなくても大丈夫という仕事を早く終わらせるための精神的なよりどころとなったり、市況が下落して気持ちが落ち込んでいても分配金をもらっているうちにまた相場は回復するだろうという安定剤として機能するからです。

最終的には年金を補完するものとしての機能を期待しています。



■覚え書き

以下は私の運用に関する書き物へのリンクです。備忘用。

・アセットアロケーション:アセットクラス兵科説【6】
・ポートフォリオ:なぜ国内ETFなのか
・売買方針:長期投資のしくみ(防衛軍法)
・NISAの活用:日本版ISAについて
・国内ETFメモ:ETF・ETN市場に関する意見交換会@東証
・その他:メディア掲載履歴



■ごあいさつ

今月でブログ開設3周年となりました。最初のうちはいろいろ書くことがあったのですが、ネタが一巡してからはもっぱら運用状況やらなんやら数字ばかりを更新するような味気ないブログになってしまったような気もしています。

とはいえみなさまのアクセスや、ときどきいただけるコメントに励まされ、そしてブログを通じたメディア取材等も刺激となり、たいしたことのないブログではありますが、更新を続けることができました。

大晦日に2015年の投資結果まとめをアップして年内の更新は終了となります。

来年もこんな調子でまったりやっていきたいと思っておりますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。



■更新予告

次回の定期更新は1月24日を予定しております。



以下雑談



■今月のチラシの裏

合衆国はやはりすごいと思う。なんだかんだぐだぐだしているように見えてもちゃんと利上げしてくるあたり、さすがだなぁと思いました。

ひるがえって軽減税率で大騒ぎしているわが国を見ると切ない気持ちになります。



■今月のゲーム雑談

2015年のGame of the Yearゲームオブザイヤー(TGA2015)がWitcher3に決定したとのニュースがありました。Fallout4日本語版リリースまで時間があったので、Witcher3を購入してプレイしてみました。

面白かったです。GOTY受賞も頷ける出来でした。シリーズものなのでストーリーや背景世界に厚みがあって大変でしたが、二周目に入ってからはスムーズに理解できて楽しさが増しました。

ただファンタジーのRPGとしては私はSKYRIMのほうが好きです。

で、Fallout4の日本語版が17日にリリースされたのですが、日付が変わってもダウンロードが始まらず大騒ぎになりました。朝の5時半ごろにようやくダウンロードできるようになりましたがこの日ほど会社に行きたくなかった日はありませんでした。

それからというものずっとFallout4をやっているのですが、翻訳がよくないのか、日本語になっていてもわかりづらいところがあります。こちらも何度か繰り返してみないとダメかもしれません。

当分はFallout4にかかりきりになると思います。



関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)