2015/06/23時点の運用状況

はじめに(←最初のご挨拶)

 
■アセットアロケーションサマリ【簿外管理銘柄含まず】

アセットクラス
配分
防衛ライン
評価額
充足率
方針
01_海外株式_先
17%
400万円
448万円
112%
このまま
02_海外株式_新
17%
400万円
422万円
105%
このまま
03_国内不動産
17%
400万円
409万円
102%
このまま
04_海外不動産
17%
400万円
424万円
106%
このまま
05_海外債券_先
17%
400万円
413万円
103%
このまま
06_海外債券_新
17%
400万円
418万円
104%
このまま
合計

2,400万円
2,533万円
106%







99_待機資金
20%
480万円
388万円
81%
積み増し継続





■ポートフォリオと前月からの変動

01_海外株式(先進国)


・1550_MAXIS海外株式
2,030口
(±0口)



02_海外株式(新興国)


・1559_NEXT FUNDSタイ株SET50
610口
(±0口)
・1560_NEXT FUNDSマレ株KLCI
361口
(±0口)



03_国内不動産


・1345_上場Jリート
2,000口
(±0口)
・1597_MAXIS Jリート上場投信
220口
(±0口)



04_海外不動産


・1555_上場Aリート
2,550口
(±0口)



05_海外債券(先進国)


・1677_上場海外債券
70口
(±0口)



06_海外債券(新興国)


・1566_上場新興国債券
66口
(±0口)






90_簿外管理


・1565_日経カバードコール上場投信
30口
 ・・・NISA/追跡用
・8703_カブドットコム証券
200株
 ・・・優待目的
・eMAXIS バランス(8資産均等型)
79,963口
 ・・・宝くじ積立
・金貨
1オンス
 ・・・お守り代わり
・プラチナコイン
1/2オンス
 ・・・お守り代わり
・個人向け国債(10年)
115万円分
 ・・・売却待ち
・i-mizuho先進国リートインデックス
8,195口
 ・・・優待目的







■待機資金残高

99_待機資金


・野村MRF
 920,054円
 (+12円)
・カブコム預かり金
 2,962,485円
 (+168,035円)




■待機資金入出金

◆出金:


【野村】



 なし




【カブコム】



 なし







◆入金:


【野村】



12円
 野村MRF収入



【カブコム】


分配
7,810円
 1677_上場外債分配金(源泉徴収後)
分配
22,075円
 1566_上場EM債分配金(源泉徴収後)
分配
6,156円
 1566_上場EM債分配金(NISA)
分配
9,132円
 1345_上場Jリート分配金(源泉徴収後)
分配
13,691円
 1555_上場Aリート分配金(源泉徴収後)
分配
3,984円
 1555_上場Aリート分配金(NISA)

3,666円
 8703_KABU.COM配当金(源泉徴収後)

100,000円
 月次拠出金

1,521円
 貸株料




■2015年 運用状況サマリ【簿外管理銘柄含まず】

日付
___評価総額___
_当期売買_
__分配金__
________備考________
2014/12/22
23,928,456円



2015/01/23
24,942,280円
999,344円
28,453円
1566/1555/1597購入
2015/02/23
25,136,980円
203,610円
65,227円
1597購入
2015/03/23
25,113,740円
128,996円
7,754円
1566購入
2015/04/23
25,358,230円
0円
69,924円

2015/05/22
25,521,050円
0円
7,810円

2015/06/23
25,330,420円
0円
62,848円

2015/07/**




2015/08/**




2015/09/**




2015/10/**




2015/11/**




2015/12/**









総額増減(名)
+1,401,964円



当期売買合計

1,331,950円


総額増減(実)
+70,014円



分配合計


242,016円



※当期売買+は購入、▲は売却による総額変動
※総額増減(実)は当期の売買による総額変動を控除した金額
※分配金は税金支払後の実績入金
※分配金には簿外管理銘柄の評価額および配当、税還付、貸株料、MRF利金を含まず
 

 
■口座別損益【簿外管理銘柄含む、参考】

日付
口座
    元本    
    時価    
    損益    
2015/06/23
特定
17,330,330円
23,741,120円
+6,410,790円
2015/06/23
NISA
1,997,654円
2,289,400円
+291,746円
合計
合計
19,327,984円
26,030,520円
+6,702,536円





2015/07/23
特定



2015/07/23
NISA
1,997,654円


合計
合計








2015/08/**
特定



2015/08/**
NISA
1,997,654円


合計
合計










※各口座とも簿外管理銘柄含む全銘柄による
 


■今月の売買

特に何も売買を行いませんでした。待機資金を積み増しただけです。

来月はボーナス支給月となっております。また売却予定になっていた個人向け国債の売却手続きを行う予定です。これらにより待機資金が大きく増えることが見込まれます。

市況が堅調ならば年内はこのままで、来年にまたNISA枠が追加されてからそこで防衛ラインの引き上げと追加購入しようかなと漠然と考えています。もちろん暴落が発生して防衛ラインを割り込むようだったら特定口座で買い増しを行います。



■今月の分配金入金

1677_上場外債、1566_上場EM債、1345_上場Jリート、1555_上場Aリートです。

(簿外管理銘柄である8703_KABU.COMも配当がありました。この配当は待機資金には加えていますが、月々の分配金計算には含めておりません。別扱いとしています。)

簿外管理銘柄の配当を除いて税引き後の合計で62,848円が入金されました。2015年の累計では242,016円となっています。

2015年も半分が終わりました。ここまでの分配金累計が24万円程度ですので、このままいけば年間の分配金は50万円程度になるとざっくり予想しています。今年の起点が2,390万円で分配金見込みが50万円ということは分配金利回りは2%強ということになります。

配当利回り2%というのは決して高いものではありません。高配当銘柄にはもっと利回りのよいものもたくさんあると思います。

私にとって意味があるのはこの2%という分配金利回りがETFによって実現されつつあるところにあります。ETFは銘柄のミックスですので、ベンチマークとなる指数に追従するということと、個別銘柄よりもリスク(標準偏差)が低いという特徴があります。市況の変動はあるにせよ、それなりに元本を維持して(元本割れしないというわけではありません)、ときどき買い増しして、そして分配金がもらえるならそれでいいかなと考えています。

なお、分配金を受け取ることが税務的に不利で複利運用の妨げになることは重々承知した上でこういうやり方を選択しております。またETFとはいえこの先もこれまでと同じ水準の分配金が出るとは限らないことも承知しております。



■覚え書き

以下は私の運用に関する書き物へのリンクです。備忘用。

・アセットアロケーション:アセットクラス兵科説【6】
・ポートフォリオ:なぜ国内ETFなのか
・売買方針:長期投資のしくみ(防衛軍法)
・NISAの活用:日本版ISAについて
・国内ETFメモ:ETF・ETN市場に関する意見交換会@東証
・その他:メディア掲載履歴



■アセットアロケーションについて

基本に立ち返り再度私のアセットアロケーションについて書いてみようと思います。

冒頭の円グラフおよびアセットアロケーションサマリをご覧いただいてわかるとおり、私は国内株式のアセットクラスに分類される銘柄を保有しておりません。(簿外管理銘柄に1565_日経カバコおよび8703_KABU.COMを保有していますが) その理由は;

・日本の成長性を悲観しているから
・もしも日本が成長軌道を取り戻すならば勤務先からの賃金によってその成果を享受できると考えているから
・待機資金が日本円の状態なので国内株式に資金を振ると国内のウエイトが高くなりすぎると考えているから

です。6資産均等配分になっている理由は;

・どのアセットクラスが出っ張っているかもしくは引っ込んでいるかをわかりやすくするため

です。そしてなぜ出っ張り引っ込みをわかりやすくする必要があるかといえば;

・基準を決めてそこから割り込んでいるアセットクラスを買い増しするという売買方針を採用しているため

です。リスク(標準偏差)やリターン(期待値)を考慮していません。株式、債券、不動産を3分の1ずつ、そしてそれぞれをさらに2つに分けた6資産を均等にすることがわかりやすく管理しやすいのでこうすることにしました。



■口座別損益の公開

今まで総額の推移や分配金については公開していたのですが損益状況は公開しておりませんでした。なぜかというと;

・総額がいくらなのかということを重視しているためそのときどきの損益は気にしていないから
・管理銘柄と簿外管理銘柄を分けて管理したいが損益は口座ごとの全合計になっており管理銘柄と簿外管理銘柄を分けることが面倒だったから

です。しかしながらこのたび口座別の損益についても公開することにしました。こちらは;

・資産運用の実況中継を行っている以上、含み損益も大事なファクターだと考え直したから

です。ですが上述のとおり口座別損益には管理銘柄と簿外管理銘柄が入り混じっていますので、運用状況サマリと口座別損益では総額の合計が異なっています。したがいまして口座別損益は参考程度に考えていただければ幸いです。

6月23日時点では特定口座とNISA口座を合わせて670万円ほどの含み益がある状態です。



■更新予告

次回の定期更新は7月26日を予定しております。






■今月のチラシの裏

今月はいろいろデータを整理するのが大変でした。その作業の中で前月および前々月の円グラフのデータが間違っていることを発見しました。表記の数字は間違っていないのですが、円グラフのデータソースの参照が古いままになっていました。もう過去のデータなのでグラフを差し替えることはしません。スミマセン。今後は気をつけます。

含み損益のデータも公開することにしました。上述のとおり実現していない損益を気にしても仕方がないと思っていたのですが、やはり含み損益も記録することにしました。ご参考程度にどうぞ。いらない情報かもしれませんが。

少し書き物もしたのですが、含み損益のデータをいじくって疲れたので別の機会にします。



■今月のゲーム雑談

GTAオンラインにはアップデートが配信されて新しい車や武器などが追加されました。ですが相変わらず殺伐としていて疲れてきたので、SKYRIMに戻っています。オフラインのゲームには自分以外のプレイヤーは存在しないのですが、やはりSKYRIMは傑作RPGなので本当に面白いです。

魔法使いと黒猫のウィズについても進展があったのですが、この週末は魔道杯で忙しいのでこちらも別の機会にします。

なんか全体的に手抜き更新で恐縮です。来月はもうちょっといろいろ書きたいと思います。


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)