貸株料の税金(確定申告しない場合)

一部の証券会社には貸株というサービスがあります。これは保有株式を貸し出すことによって貸株料を受け取ることができる、というものです。詳しくはこちら(←私が利用しているカブドットコムの貸株サービスの紹介ページへのリンク)へ。

この貸株料の税金についてまとめておきたいと思います。
(※一つの勤め先から給与を得て年末調整が行われるサラリーマンを想定しています。)



【ポイント】

・貸株料は雑所得である。
・確定申告する場合は申告が必要である。
・確定申告しない場合は住民税の申告が必要である。



確定申告を行う場合は所得税も住民税もまとめて申告するので特に迷うことはないのですが、確定申告を行わない場合は住民税の申告が必要です。

これまで私は過去の株式売買損失を確定申告を行うことによって繰り越してきたのですが、その損失枠を使い切ったので今回は確定申告を行いません。2014年は貸株料の収入が14,576円ありましたので、この分の住民税申告を行いました。

貸株料の必要経費がいくらなのかは見解が分かれるかもしれませんが、私はゼロとしています。

貸株料が20万円を超える場合は確定申告が必要になります。



確定申告したり住民税の特別徴収(給与天引き)を選ぶと(ほんのわずかとはいえ)雑所得があることが会社にわかってしまうのであまりいい気分ではないのですが仕方がありません。というかそもそも会社が徴税業務を請け負っていることはおかしいと思うのですが、税務署もサラリーマン個人もこのほうが便利なのでしょう。



それから「確定申告は不要です」と言われたら、住民税の申告が必要であることに気がつかない人もいるのではないでしょうか。実際私は迷いましたし、確定申告なら郵送で済むのに住民税を申告するために休暇をとって市民センターに出向くことが必要でした。

20万円以下の雑所得は所得税・住民税とも非課税!(もしくは申告不要!)としてもらえれば簡単なんですけどねぇ。それに確定申告が不要であっても所得税は非課税ではないんですよね。申告すれば課税されるわけで。住民税は別に申告が必要なわけですし。国税と地方税の扱いが少し違うところがモヤモヤ感のもとになっています。



ぐちぐち書きましたがこういうブログを書いている以上は税務関係はきれいにしておくべきでしょう。いえ、ブログを書いていなくてもきれいにしなければならないのですが。



あ、あともう一つ貸株関連のトピックがありました。

それは貸株の状態で配当権利日を迎えてしまった場合のことです。この場合は「貸株配当金相当額」という名目で、所得税および住民税に相当する金額を控除した金額が入金されるのですが、なんとこれは雑所得になるのです。

したがって貸株料と同じ扱いになります。所得税および住民税相当額を差っ引かれているにもかかわらず、雑所得として課税されるのです。金額だけ見ると二重課税されたように見えます。(実際は貸株先で課税されているわけなので二重課税ではないのでしょうが、いまいち納得がいきません)

これを回避するためには配当権利日前に貸株を解除しなければなりません。

私は1677_上場外債という毎月分配型ETFを保有していて貸株に出しているのですが、貸株解除の処理を毎月ハンドで行わなければならず、これが非常に煩雑です。昨年12月はうっかり貸株を解除することを失念してしまい、貸株配当金相当額を受け取りました。これは来年の住民税の申告に含めなければなりません。トホホ。



ついでに住民税についてもうちょっと整理しておくと、住民税は都道府県民税と市町村税から構成されていて、それぞれ均等割と所得割があります。そして住んでいる自治体によって独自の課税があったりします。

私は神奈川県に住んでいるのですが、神奈川県では標準税率に加えて水源環境保全税という超過課税が平成28年度まで徴収されることになっていますので、均等割で+300円、所得割で0.025%が上乗せになっています。


均等割
所得割
都道府県民税
1,500円/年→1,800円/年
4%→4.025%
市町村民税
3,500円/年
6%
合計
5,300円/年
10.025%

貸株料を雑所得として住民税の申告を行うと、神奈川県民である私の場合は所得割10.025%の税率になります。必要経費があればそれを割り引く必要があります。まぁ、確定申告しなくても貸株料の一割は税金で取られると見ればよいと思います。

それから住民税の所得割は前年の1月から12月までの所得を基準に計算されるので、所得税とは計算期間が違います。これは働いている皆さんならご存知だと思います。したがって貸株料の所得割も6月以降の給与から天引きされることになります。



以上の内容に間違いがあったらご指摘ください。訂正します。


関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)