2014/08/22時点の運用状況

はじめに(←最初のご挨拶)

 
【アセットアロケーションサマリ】

アセットクラス
配分
防衛ライン
評価額
充足率
方針
01_国内株式
15%
300万円
336万円
112%
このまま
02_海外株式_先
20%
400万円
434万円
109%
このまま
03_海外株式_新
15%
300万円
336万円
112%
このまま
04_国内不動産
15%
300万円
341万円
114%
このまま
05_海外不動産
15%
300万円
338万円
113%
このまま
06_国内債券
10%
200万円
200万円
100%
このまま
07_海外債券
10%
200万円
213万円
107%
このまま
08_オルタナティブ
0%
0万円
0万円
-%

合計

2,000万円
2,198万円
110%
2,100万円目安






99_待機資金
20%
400万円
485万円
121%
積み増し継続





【ポートフォリオと前月からの変動】

01_国内株式


・1565_日経カバードコール上場投信
243口
▲82口



02_海外株式(先進国)


・1550_MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)
2,420口
+570口



03_海外株式(新興国)


・1582_iシェアーズ エマージング株ETF
312口
▲18口
・1583_iシェアーズ フロンティア株ETF
10口

・1559_NEXT FUNDSタイ株SET50
265口

・1560_NEXT FUNDSマレ株KLCI
125口




04_国内不動産


・1345_上場Jリート(東証REIT指数)
2,000口

・1597_MAXIS Jリート上場投信
50口




05_海外不動産


・1555_上場Aリート(S&P/ASX200 A-REIT)
2,320口
▲140口



06_国内債券


・個人向け国債(10年)





07_海外債券


・1677_上場海外債券(Citigroup WGBI)毎月分配型
30口

・1566_上場新興国債券(バークレイズLocal EM国債)
8口






90_簿外管理


・8703_カブドットコム証券
200株
・eMAXIS バランス(8資産均等型)
66,510口
 ・・・宝くじ積立
・金貨
1オンス

・プラチナコイン
1/2オンス








【待機資金残高】

99_待機資金


・野村MRF
 2,070,356円
 (+3,558円)
・カブコム預かり金
 2,779,961円
 (+470,583円)




【入出金状況】

出金:

【野村】


 なし


【カブコム】
1,012,710円
 1550_MXS外株購入





入金:

【野村】

58円
 野村MRF収入
3,500円
 個人向け国債キャンペーン


【カブコム】

100,000円
 月次拠出金
1,056,994円
 1565_日経カバコ売却(源泉徴収後)
185,307円
 1555_上場Aリート売却(源泉徴収後)
94,376円
 1582_エマージング株売却(源泉徴収後)
7,889円
 1582_エマージング株分配金(源泉徴収後)※半期、年2回分配
455円
 1583_フロンティア株分配金(源泉徴収後)※半期、年2回分配
2,137円
 貸株料
13,914円
 1345_上場Jリート分配金(源泉徴収後)※隔月、年6回分配
13,254円
 1555_上場Aリート分配金(源泉徴収後)※隔月、年6回分配
2,310円
 1555_上場Aリート分配金(NISA)※隔月、年6回分配
3,252円
 1677_上場外債分配金(源泉徴収後)※毎月、年12回分配
2,401円
 1566_上場EM債分配金(源泉徴収後)※隔月、年6回分配
1,004円
 1566_上場EM債分配金(NISA)※隔月、年6回分配




【運用状況サマリ】

日付
___評価総額___
_当期売買_
__分配金__
________備考________
2013/12/20
19,461,330円



2014/01/23
20,045,986円
392,500円
22,277円
1555/1566購入
2014/02/21
20,379,607円
561,955円
43,642円
1555/1565/1582購入
2014/03/20
20,144,482円
10,000円
1,084円

2014/04/23
21,014,001円
207,300円
35,464円
1565/1597購入
2014/05/23
21,198,846円
10,000円
1,084円

2014/06/23
21,841,515円
240,575円
29,455円
コモディティ処分他
2014/07/23
22,113,315円
0円
30,790円

2014/08/22
21,978,135円
▲323,967円
44,479円
1550購入1565/1555/1582売却
2014/09/**




2014/10/**




2014/11/**




2014/12/**









総額増減(名)
+2,516,805円



当期売買合計

1,098,363円


総額増減(実)
+1,418,442円



分配合計


208,275円



※当期売買+は購入、▲は売却による総額変動
※総額増減(実)は当期の売買による総額変動を控除した金額
※分配金は税金支払後の実績入金(ETFおよび個人向け国債利金)
※分配金には簿外管理銘柄の評価額および配当、税還付、貸株料、MRF利金を含まず
 

 
前回からの口数変動は;1565_日経カバコ売却、1550_MXS外株購入、1582_iシェアーズエマ売却、1555_上場Aリート売却です。アセットアロケーションの比率変更と防衛ライン超過部分の調整(売却)を行いました。

これにより国内株式が15%、海外株式が20%と、国内株式の5%を海外株式に移した形になっています。私はアセットアロケーションのおおよその目安として、半分以上は株式、かつ半分以上は海外資産、という方針を採っています。今回の調整によって、株式は50%、海外資産は60%となっています。

今回は結構な金額の売買を行いました。7月某日に一気に売買してしまいました。やると決めたら、逡巡しないようにしていてます。

どのみち結果が出るのは先のことですし、目先の値動きを気にしても仕方がないと思うのです。

・・・。

そうです。売った直後に値上がりしたことを後悔してはいけません。

「人生は前向きに進むしかないが、後ろ向きにしか振り返られないものである」というのは誰の言葉だったでしょうか。。。

そんなことはどうでもよいのですが、私のアセットアロケーションは自分が望んだとおりの形になりました。


以下は私の運用に関する書き物へのリンクです。備忘用。

・アセットアロケーション:アセットクラス兵科説【6】
・ポートフォリオ:なぜ国内ETFなのか
・売買方針:長期投資のしくみ(防衛軍法)
・NISAの活用:日本版ISAについて



先日以来、相互リンクに追加させていただいたサイト様があります。このブログはリンクフリーですので自由にリンクを張っていただいてかまいませんが、資産運用に関するサイト様でしたら相互リンクさせていただきたいと思っていますので、もしよろしかったらご連絡ください。メールフォームでも記事へのコメントでもなんでも結構です。

ちなみに私は本来の意味でのインデックス投資を行っているわけではありません。そもそもアセットアロケーションは自分の好みで決めていますし、リスクやリターンを厳密に計算しているわけではありません。だいたいそんな難しいことできませんし、時々刻々と変化するものをとらまえるような気力もありません。

アセットクラスの比率と金額を決めて、足りなければ買い、余れば売り、それができるだけの待機資産を持つ。そういうやり方を行う上で、コストが低く、ある程度銘柄が分散された国内ETFという金融商品が適していると考えているだけのことなんです。

話がそれましたが、関連したテーマであればリンクに関して特に制限をもうけているわけではありませんので、お気軽にどうぞ。



ここのところいまいちブログを書く気力がわかなくて、なんとなく気合いが入っていない感じでした。

あんまり関係ないことをずらずら書いてよいものか、そんなつまんないことを悩む性分なんですよ。

でもここは人様のブログのコメント欄ではないし、自分の書きたいことを書いてみようと思うのであります。できるだけブログのテーマである資産運用にからめて書くつもりですが。



唐突ですが、私は我が国の将来を憂慮しています。一応。

もちろんいろいろなテーマはあると思いますが、やはりここではお金についてです。

膨大な政府債務、国債に頼る国家財政、膨らむ社会保障費、減る人口。このままでは消費増税は不可避、年金支給年齢も引き上げざるを得なくなる、緊縮財政・増税もやむなし・・・

だから資産運用が必要なのだと考えて、本気で資産運用への取り組みを始めたのは今から6年前の2008年のことでした。

以来、大失敗や小失敗を繰り返しながら、なんとか市場に留まってきました。そして2012年末の再度の政権交代とアベノミクスによって、このブログで公開しているとおり、私の運用資産は大きく膨らみました。

そうはいってもドル建てで見たらそんなに増えているわけではなくて、円安により円建てで評価した資産が増えた、つまり円が減価しただけなのかもしれませんが。

その後、消費税は8%になりましたが、景気はまずまずといったところなのでしょうか。日銀が株を買い支えているなどいろいろ意見があるようですけれども。

この先どうなるのかわかりませんが、私はインフレが怖くてたまりません。

株価は上がるかも知れません。でも購買力は落ちていくのです。

いや、インフレではなく景気減退も加わるスタグフレーションになってしまうかもしれません。

不安をあおる意図はないのですが、そういうこともあるかもしれないくらいには考えていたほうがよいのではないかと、私自身は思っています。

あまり政治的な話を書きたくはないのですが、ちょっとだけ書いてみると、私は日本の人口が減少して経済規模が小さくなることが悪いことだとは思っていません。そうではなくて、人口が減少していくことが明白なのにも関わらず、人口増加を前提とした社会システムを変革しない、できないことが問題なのだと考えています。言うほど簡単ではないでしょうけれど。

いずれ国家財政が行き詰まり、大きな改革が断行されるときがくるかもしれません。私はそのときに被ることになるであろう経済的ダメージを小さくしたいのです。大きな改革とはおそらくは、各種増税、年金支給年齢の引き上げ、解雇規制緩和などになるのかなと想像しています。

それから世代間格差の観点からいえば、いささか被害妄想が過ぎるのかもしれませんが、私自身を含めて現在の現役世代である30~40歳台の人たちというのは、老人から食い物にされ、若者から切り捨てられる、そういう世代になるのかもしれないと考えてしまいます。私は独身で子供もいないので余計にそう感じるのかもしれませんが。

結局頼れるのは自分だけということで、まずは仕事を一生懸命がんばって、無理のない範囲で少しずつ運用資産を増やしていき、一攫千金は狙わず、うまい話にも乗らず、日々健康に楽しく過ごしていきたいと思っています。

だらだら書いてまとまりませんが、こんな感じです。



最初に書くべきだったのかもしれませんが、今月から運用状況の円グラフが新しくなりました。以前のものよりも色使いに配慮して見やすくしたつもりです。比較的濃い部分が国内で、淡い部分が海外です。運用状況サマリも追加しました。

運用状況サマリを追加したのは、非公開で毎月更新を続けていたものを公開することにしたからです。そしてグラフを新しくした理由は、最近PCの買い替えを行ったのですが、その際にEXCELがバージョンアップしたのでグラフを作り直したからです。

10年前に購入したデスクトップPCは、すっかり起動が遅くなり、WindowsXpであることもあって、休眠状態になっていました。普段はWindowsVistaのノートPCかタブレットを使っていたため、デスクトップPCはまったく出番がなかったのです。

しかしながらお盆休みの前に一念発起してデスクトップPCを新しくすることにしました。その理由はズバリ、ゲームをするためです。PCゲームをするためにデスクトップPCを買い替えてしまいました。



注意:ここから先はゲームとPCの話になりますので、興味のあるかただけどうぞ。

私はゲームが好きなのですが、数年前に「DEAD RISING」というゲームの存在を知ってどうしてもプレイしたくなり、XBOX360を買いました。このゲームはゾンビだらけになったショッピングモールでのサバイバルという内容で、某映画によく似たシチュエーションになっています。オープンワールドというジャンルで、箱庭のような三次元の広いマップを自由に動き回るタイプのゲームです。

「DEAD RISING」の後はしばらくゲームから離れていましたが、またゲームがやりたくなってきて「GTA5」や「SAINTS ROWシリーズ」といった、ギャングアクションタイプのオープンワールドゲームに熱を上げておりました。そしてついに「SKYRIM」にたどり着いてしまうのです。

「SKYRIM」というのはやはりオープンワールド型のゲームなんですが、ファンタジー世界のRPGです。フィールドを歩いているだけでいろいろなイベントが起きてとても楽しいのですが、冒険している感じがとても好きで、子供のころに脳内補完で楽しんだドラゴンクエストⅠの世界が、美しい3Dで描かれているような印象を受けました。

「SKYRIM」の特徴として、MODと呼ばれる追加プログラムの存在があります。世界中のユーザーが作成したプログラムを追加することによってゲームを変更したり拡張したりすることができるのです。ただしMODが使えるのはPC版だけで、XBOX360/PS3といったコンシューマー版ではMODを導入することができません。

XBOX360版の「SKYRIM」にはまってしまった私は、どうしてもPC版をプレイしたくなってしまいました。

「SKYRIM」は最新のゲームではありませんが、休眠中の私のデスクトップPCではスペック的にまったく歯が立ちませんし、ノートPCも論外でしたので、PCを買い換えるよい機会と考えて決断しました。そして私が購入したPCは、ドスパラのGALLERIA XF-Aというでっかいタワー型のゲームPCです。スペックは;

マザーボード:ASUS H97
CPU:Intel Core i7-4790K 水冷ユニット付
メモリ:Crucial DDR3 16GB(8GBx2)
GPU:Palit GTX770 4GB
記憶媒体:Crucial SSD 256GB/W.D HDD 2TB
光学ドライブ:LG GH24NSB0
電源:AcBel 700W
OS:Windows7 HomePremium 64bit
オフィスソフト:MS Office Personal 2013

です。当たり前かもしれませんが、新しく購入したPCですので私がこれまで使ってきたPCの中では最高のスペックです。標準の構成に対してCPUの水冷ユニットを追加、メモリとGPUを強化、そしてSSDを搭載しています。OSはWindows8.1ではなく、Xp時代のソフトを使いたいのであえてWindows7にしました。オフィスソフトはWordはともかくExcelは必要なので追加しました。それから無線LAN子機を追加購入しました。

GPUをGTX780にするかどうか、また電源を換えるかどうか悩みましたが、GPUはGTX770の2GBを4GBにし、電源は標準構成のままにしました。どんどん値段が高くなっていってしまってキリがないので、妥協して上記の構成にまとめました。

気になるお値段は約22万円です。

高いなと感じるかもしれませんが、使っていてそれだけの価値があるなあと感じています。SSDからブートするので立ち上がるのがとても早いですし、目的だった「SKYRIM」も何のストレスもなくプレイできます。XBOX360でプレイしていたときに比べてロード時間が激減し、動作も滑らかになりました。また解像度が段違いなので世界が非常に美しいです。

当分の間はこのPCがメイン機になります。休眠していたデスクトップPCは、ゼロフィルソフト(ハードディスクにゼロを書き込んでデータの読み出しをできなくするソフト)も受け付けなくなっていたのでハードディスクを外しました。本体はPCデポに引き取ってもらい、ハードディスクは物理的に破壊して不燃物として廃棄しました。

PCを買い替えてよかったなあと思っています。非常に快適です。いえ、もっと早く代替するべきだったのですが、きっかけがなかったのです。ネットを見たり、ちょっとしたデータ処理だったらノートPCやタブレットで十分だったからです。

家電もそうですし、PCもそうなのですが、欲しいときが買い時だと思います。



次回の定期更新は9月28日を予定しております。
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)