ETFについての質問に対する回答と私見

一つ前の記事でETFについてのご質問をいただきました。長くなりそうなのでコメント欄ではなくてこのように別途記事を立てる形で、私なりに回答させていただきます。

※断りなくETFといった場合は、基本的に国内ETFを前提にしています。私は海外市場のETFを持っていませんので詳しくないということをお含み置きください。

※気をつけて書いていますが、内容に間違いがあったらご指摘ください。御礼の上、訂正いたします。



【質問】普通の積み立て投信では、提供する証券会社が価格を提示するので、そのファンドに適正な価格で売り買いできると思われるのですが、ETFはその価格決定が市場に任されるので、ベンチマークの指数はもちろん、ファンドの価値からかい離してしまう可能性があるように思われますが、その点についてはどうお考えでしょう。

【回答】おっしゃる通り、投資信託にはベンチマークと基準額の乖離であるトラッキングエラーが発生することがあります。ETFではさらに基準価額(バリュー)と市場価格(プライス)が乖離する現象が発生します。買いたい人が多ければプレミアムがつきますし、売りたい人が多ければディスカウントされます。

私はETFの基準価額と市場価格の乖離を気にはしますが、気にしすぎないようにしています。基準価額と市場価格を比較して割安だから買うとか、割高だから買わない(もしくは空売りを行う)という売買はしていません。購入したい銘柄ならプレミアムがついていても買います。ただし市場価格が基準価格よりも大幅に安い銘柄はわけありと考えて購入には慎重になります。

あるETFを新規に購入する際に気にすることは、売買できること(板が建っていること)、市場価格が基準価額から大きな乖離がないこと、分配があることです。



【質問】積立投信は再投資ができるので、複利を有効に使えますが、ETFは分配金を出してしまうので、再投資にならず、長期では積み立て投信に負けてしまうような気がします。

【回答】これもおっしゃる通り、配当が自動的に再投資される無分配のインデックスファンドは分配金にかかる税金がないので、複利運用上有利です。手間もかかりません。

先物やリンク債で運用していて無分配のETFもありますが、基本的にETFは分配金を払い出すため、分配金に税金がかかってしまいます。再投資するには自分で購入処理が必要であり手間もかかります。

ETFの分配金を「機械的」に再投資する場合は、税効果によりインデックスファンドに負けてしまうのではないかと、私も思います。



【質問】 信託報酬はETFの方が安いとは言いながら、ETFには手数料が加わりますので、必ずしも有利とは言えない様な気もします。

【回答】その通りだと思います。厳密に比較していませんが、売買手数料もさることながら、ETFと同等レベルの信託報酬であるインデックスファンドもあるようですから「常にETFが有利」とはいえないと思います。

以上がご質問に対する回答になります。以下は私見です。



私は資産運用の成否は、金融商品の性能によって決まるのではなく、金融商品をどうやって売買したかにかかっていると考えています。端的にいえば、安いときに買うこと(もしくは高いときに売ること)、これが全てだと思っています。安く買うための有力な方法としてドルコスト平均法がありますが、私はもう少し人間の裁量を働かせたいのです。売買タイミングを選びたいのです。

そのためETFの分配金を「機械的」に再投資するのではなく、プールしておいてタイミングを見て追加購入する原資にしています。配当が自動的に再投資されるインデックスファンドではなく、分配金として払い出すETFの方が自分のスタイルに合っているのです。結局は人それぞれなのだと思います。



長期保有するか、短期売買するか、

レバレッジをかけるか(信用取引)、レバレッジをかけないか(現物取引)、

インデックスファンドを選ぶか、ETFを選ぶか、

アクティブ投信を選ぶか、パッシブ投信を選ぶか、

有分配を選ぶか、無分配を選ぶか、

もちろん、必ずしも二者択一ではありませんし、何を選ぶか、どう組み合わせるかは個人の自由であって、そこに優劣はないと思います。自分で納得できることが一番重要ではないでしょうか。

所詮、お金の話ですから、無理な投資をしていなければやり直しはききます。実際私も試行錯誤の末に現在のやり方になっています。

うまくまとまらないのですが、正解がないのが正解なのではないかなぁと考えています。

関連記事

コメント

No title

丁寧なお答えありがとうございました。

質問したのが恥ずかしくなるような内容で申し訳ありませんでした。

実は今月からETFの積み立てをはじめました。
ある程度、まとまってきたら、アクティブ運用に変えたいと思っています。

下がってきたら買い増し、上がってきたら売却、それ以外では積み立てすれば、長期的には普通の投信よりかなり有利に資産を増やせると考えております。

こういう運用は積立投信では難しくETFならではの運用方法で、多分、基準価額が長期的に下がる状況でも利益が出せるはずだと思っています。

いろいろ迷っていましたが方針は決まりました。
ありがとうございました。

No title

>しらいゆうき さん

いえいえ、お気になさらずに。何かの参考になれば幸いです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)