2013/12/20時点の運用状況

はじめに(←最初のご挨拶)

 

アセットクラス
配分
防衛ライン
評価額
充足率
方針
01_国内株式
20%
400万円
402万円
101%
割れたらNISAで買う
02_海外株式_先
15%
300万円
308万円
103%
このまま
03_海外株式_新
15%
300万円
295万円
98%
このまま
04_国内不動産
15%
300万円
292万円
97%
NISAで買う
05_海外不動産
15%
300万円
267万円
89%
NISAで買う
06_国内債券
5%
100万円
100万円
100%
このまま
07_外貨外債
5%
100万円
90万円
90%
NISAで買う
08_オルタナティブ
10%
200万円
191万円
96%
積立継続
合計

2,000万円
1,946万円
97%
2,000万円を固める






99_待機資金
20%
400万円
409万円
102%
積み増し継続






01_国内株式


・1565_日経カバードコール上場投信
295口




02_海外株式(先進国)


・1550_MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)
1,850口
(▲240口)



03_海外株式(新興国)


・1582_iシェアーズ エマージング株ETF
290口

・1583_iシェアーズ フロンティア株ETF
10口

・1559_NEXT FUNDSタイ株SET50
265口

・1560_NEXT FUNDSマレ株KLCI
125口




04_国内不動産


・1345_上場Jリート(東証REIT指数)
2,000口
(▲200口)



05_海外不動産


・1555_上場Aリート(S&P/ASX200 A-REIT)
2,160口




06_国内債券


・個人向け国債(10年)

(+15万円)



07_海外債券


・1677_上場海外債券(Citigroup WGBI)毎月分配型
10口

・1566_上場新興国債券(バークレイズLocal EM国債)
6口




08_オルタナティブ


・1699_NEXT FUNDS NOMURA原油
570口
(+100口)
・金積立(コイン含む)
147.37g
(+1.20g)
・プラチナ積立(コイン含む)
147.63g
(+1.09g)






90_簿外管理


・8703_カブドットコム証券
200株
・eMAXIS バランス(8資産均等型)
54,854口
 ・・・宝くじ積立








99_待機資金


・野村MRF
 2,963,101円
 (+750,061円)
・カブコム預かり金
 1,130,782円
 (+665,576円)





出金:

【野村】

150,000円
 個人向け国債購入


【カブコム】

6,000円
 宝くじ積立
103,885円
 1699_NOMURA原油購入


【その他】

10,000円
 金/プラチナ積立(別口座より引落、手数料含まず)




入金:

【野村】

90,000円
 月次拠出金
10,000円
 追加拠出金
800,000円
 追加拠出金
61円
 野村MRF収入

 


【カブコム】

379,099円
 1550_MXS外株売却(源泉徴収後)
280,009円
 1345_上場Jリート売却(源泉徴収後)
85,882円
 1565_日経カバコ分配金(源泉徴収後)※四半期、年4回分配
11,387円
 1345_上場Jリート分配金(源泉徴収後)※隔月、年6回分配
15,139円
 1555_上場Aリート分配金(源泉徴収後)※隔月、年6回分配
2,713円
 1566_上場EM債分配金(源泉徴収後)※四半期、年4回分配
1,232円
 1677_上場外債分配金(源泉徴収後)※毎月、年12回分配


【その他】

10,000円
 金/プラチナ積立(別口座より引落、手数料含まず)

 

 
☆前回からの口数変動は;貴金属積立、宝くじ積立、個人向け国債購入、1699購入、1550/1345売却です。久しぶりに売買した感じがします。

1月に発売される個人向け国債を15万円買い増しして総額で100万円にしました。これにより防衛ラインを1,700万円から一気に2,000万円に引き上げることにしました。それにともなって、NISAを意識した売り方向のリバランスを行っています。防衛ライン金額に足りないアセットクラスは来年になってからNISA口座で買い増しするつもりです。

ボーナスが支給されましたので待機資金を積み増ししました。陣容が整ってきた感じがします。当面は2,000万円の防衛ラインを守ることに注力したいと思います。とはいえやることは変わりませんが。


以下は私の運用に関する書き物へのリンクです。備忘用。

・アセットアロケーション:アセットクラス兵科説【6】
・ポートフォリオ:なぜ国内ETFなのか
・売買方針:長期投資のしくみ(防衛軍法)
・NISAの活用:日本版ISAについて



円安が進んでいますね。米国の金融緩和縮小方針を受けて貴金属の価格が下落しています。しかしながら円安が影響して円建ての価格はドル建て価格ほど下落していません。

円安を受けて国内株式市況も活況を呈しているようですが、手放しで喜ぶ気にはなれません。

私は悲観的なので、この官製インフレの行く先が破滅的な結果にならないように祈らずにはいられません。まあ、祈っていても何にもならないのでしょうけれど。



2013年の運用状況報告も今回が最後になります。早いものですね。年間のまとめは別のエントリでまとめます。



次回の定期更新は1月26日を予定しております。
関連記事

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)