ETFについての質問に対する回答と私見

一つ前の記事でETFについてのご質問をいただきました。長くなりそうなのでコメント欄ではなくてこのように別途記事を立てる形で、私なりに回答させていただきます。

※断りなくETFといった場合は、基本的に国内ETFを前提にしています。私は海外市場のETFを持っていませんので詳しくないということをお含み置きください。

※気をつけて書いていますが、内容に間違いがあったらご指摘ください。御礼の上、訂正いたします。

続きを読む »

ETF・ETN市場に関する意見交換会@東証(2014/05/21)

実は私にも東証の担当者のかたからお声がかかって参加してきたんですよ、東京証券取引所で開催された「ETF・ETN市場に関する意見交換」に。

出席者は、事務局の東証マーケット営業部のみなさま、ETF・ETN管理会社である日興AM・野村証券・三菱UFJ証券のみなさま、そしてブロガーのみなさまです。参加したブロガーは;

水瀬ケンイチさん(梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー):【関連記事】
kenzさん(インデックス投資@川崎):【関連記事①】【関連記事②】
レバレッジ君さん(レバレッジ投資実践日記):【関連記事】
ゆうきさん(ホンネの資産運用セミナー):【関連記事】
吊られた男さん(吊られた男の投資ブログ):【関連記事】
虫とり小僧さん(いつか子供に伝えたいお金の話):【関連記事】


の7名です。

有名な方々ばかりだったのでビビってしまいました。私は終始テンパっていて、帰るときには資料やら食べかけのお弁当(サンドウィッチ)やらお手拭きの紙ナプキン(使用済み)やら、みんな袋に入れて持ってきてしまったほどです。

私は自分自身が正統派のインデックス投資家ではないと考えているので、オープンな場に積極的に出て行くことがまずありません。今回は例外的に;

・直接に参加の打診があったから
・テーマが国内ETF・ETNだったから
・東証に行ってみたかったから

ということが主な理由で参加しました。

今回の意見交換会に私が呼ばれたのは、ひとえにブログ名が「国内ETFで資産運用♪」だったからだと思います。そうでなければこんなマイナーなブログの管理者に声がかかることはないと思います。身の程知らずだとは思いながらも、せっかくの機会なので勇気を出して、そして仕事と折り合いをつけて、兜町に行ってきました。

参加するにあたってブログ用の名刺を作って持って行きました。持って行って本当によかったです。ああいいった場で名刺がないとキツいです。いえ、オフでの交流を想定していなかったのでブログ用の名刺なんて持っていなかったんです。あわてて作りました。

この意見交換会に行ってきてよかったです。本当によかった。何がよかったのかというと・・・

続きを読む »

国内ETFの純資産推移

タイトルをご覧になって「なんだ、純資産のグラフか」と思われたかもしれませんが、それだけではありません。

ことの発端は、私が月次でチェックしている1565_日経カバコの純資産推移について、ある疑問をもったことです。そのことは後ほどお話しするとして、まずはオーソドックスなETFのグラフを見ていただきながら話を進めさせてください。

以下のグラフは日経平均株価に連動する代表的なETFである1321_225投信を対象にして、日経平均株価(A)と1321の一口当たり純資産(基準価額)(B)をプロットし、(B)-(A)の差異をとったグラフです。

これで何が分かるかというと、連動対象である日経平均株価の推移に対して、ETFの純資産がどのように増減しているのかが表現されています。

日付の項目が見づらいですが、純資産が大きく増えているのは9月末と3月末、少し増えているのは6月末と12月末です。逆に純資産が大きく減っているのはこのETFの決算月である7月初頭です。このETFは年一回決算です。



最近では日々の細かい変動がありますが(この理由はよく分かりません)、おおむね上記の傾向があることが分かります。これはつまり日経平均採用銘柄の決算、もっとはっきり言うなら対象株式の配当権利落ち日にETFの純資産が増加していることを意味します。

直近では2013年9月26日に差異のグラフが上を向いています。これは9月末から稼働3日前であり、4日前が9月末の権利取得最終日ですから、権利落ち日に純資産に反映されていることになります。

こういう見方をするグラフです。では他のETFのグラフも作りましたのでご覧にいれましょう。

続きを読む »

なぜ国内ETFなのか

このテーマ、いつか書かなければと思っていたんです。

日本版ISAの件によって、インデックス投資を旨とする諸氏におかれましては、国内ETFへの投資を考えているかたもおられるのではないかと思います。そのこと自体については特にコメントはありません。各人の自由ですから。

それよりも、どうして私が国内ETFを主体とした資産運用を行っているのか(いきおいあまってブログ名までそのものにしてしまいましたが)、書いておきたいナと思いました。

有り体に申し上げて、一部の国内ETFは流動性が低いです。板の厚みが十分ではありません。(じゃあ、どんだけあれば十分なのか?と聞かれても分かりませんけれど。)

それでも。

流動性を多少犠牲にしても。

国内ETFには良い点があると思うんです。
 

続きを読む »

国内ETFの収益性

このテーマのエントリは書かないつもりでおりました。というのは、東証様のETF・ETNスクエアに掲載されていた週次レポートが秀逸(データの構成が)で、そこを参照することで用が足りたからでした。

しかしながらこの週次レポートがなくなってしまいました。理由は分かりません。取引所統合の一件と関係があるのかもしれませんが、このあたりの事情は知るすべがありません。

神経質になっているわけではありませんが、各ETFの年間の変動率や分配率(分配利回り)は知りたいところです。

なので・・・。

自分で作ることにしました(!)

私のメモ程度の位置づけですので、内容は保証しかねます。けっして鵜呑みにしないでください。また変動率や分配率は基点の置き方次第で数字が変わりますので、くれぐれもご注意ください。

国内ETFの収益性(カテゴリ別)

以下、注意点のまとめです。

・明示なき単位は円、年初値、年末値、分配金は1口当たり(単元当たりではない)。
・年中の上場により年初値がないETFは、上場後初の価格とした。
・分配金の記載は、その決算日が属する年に算入した(対象期間ではない)。
・2008年以前に上場されたETFの取引価格データは調べることができなかった。
・本データは個人的なメモ書きであり内容を保証せず。また将来の変動・分配を示唆するものではない。

※数値等の内容に間違いがある場合は、ご指摘いただけましたら修正します。また何かご要望がありましたらできる範囲で対応することを考えます。

国内ETFの流動性

このブログでは国内ETFの流動性を継続的にウォッチしていきたいと考えています。

流動性という観点では出来高を見ることが一般的です。しかしながら実際に取引を行っている人にとっては板(気配値)の厚みの方が売買のイメージがわくのではないでしょうか(当然ながら出来高が多い銘柄は取引が活発で板も厚いはずですが)。

どの程度の板の厚みがあればそのETFを売買したいと思うかは人それぞれです。出来高を見ただけでは見えてこない、市場(板・気配値)のスクリーンショットを記録していこうと思っております。

といいますのは、ある日の出来高は後からでも調べることができますが、ある日ある時の板(気配値)というものを示しているページを見つけることができなかったのです。

したがいまして自分で作ることにしました。

それだけでは芸がないので、東証様が公表しているiNAV(推定純資産額)を並べて表示することにしました。東証様に上場している一部ETFだけですけれど。

国内ETFをグルーピングして、記録していこうと思います。

・・・。

完全にハンドのアナログ作業ですので、半年に一度くらいのペースで、できるときにやりたいと思います。